注目の記事 PICK UP!

ニューヨーク五番街の本店にちなんだモチーフの意味を知る

キーストーンという言葉を聞いたことがあるだろうか。日本では要石(かなめいし)と訳されている建築用語。キーストーンとは石造りの建物において、アーチを構成する部分の頂点に配される石のことで、構造上きわめて重要な要素となっている。

キーストーンを配することですべての石が締まり、アーチが建物の重量を支えるのに十分な強度を持つようになるのだ。この工法は古代ローマの水道橋にも使われ、中世以降はキーストーン自体に装飾的なデザインを加えるようになった。

構造上の重要性が転じて、ものごとの中心となる人物や、根本原理を表すのにも、要石という言葉が使われる。ハリー・ウィンストンの腕時計にシンボリックにあしらわれているモチーフが、実はこのキーストーンだ。

1954年、創業者のハリー・ウィンストンその人が本店を構えたニューヨーク五番街718番地の建物を、壮麗なキーストーンが飾っているのである。19世紀後期に建てられたこの建物は、古代ローマ風のトラバーチン(石灰岩)を多用したアール・デコ様式のデザインで知られる。

そのファサードのアーチに、大きなキーストーンが象徴的に配されているのだ。1989年にハリー・ウィンストン初の時計コレクションのひとつとして誕生した「HWプルミエール」。そのラウンド型ケースの上下に、シンボリックなキーストーン。このモチーフを見るだけで、ハリー・ウィンストンの時計とすぐわかる。

ニューヨークに根ざし、創業者の美意識を今に継ぐブランドであることの誇りが、ここから見てとれるはずだ。

HARRY WINSTON

HW プルミエール 31mm

ベゼル、リューズなどにブリリアントカットのダイヤモンドを、ダイヤルにマザー・オブ・パールを散りばめた、煌びやかなシルエットが目を引くコレクション。クォーツ。18KRGケース。ケース径31㎜。問/ハリー・ウィンストン カスタマーインフォメーションデスク 問0120-346-376

tyling/Eiji Ishikawa Photo/ Hisashi Wadano Text/ Keiko Homma

2015年11月「HORLOGERIE]本誌より引用(転載)

関連記事

  1. BRAND PICK UP Vol.7

  2. Flower Planet Vol.10

  3. PATEK PHILIPPE ブランドが誇るワールドタイム機構に、クロノグラフを載せた高度な合わせ技…

  4. “オールブラック”誕生10周年を祝福する 贅沢なサファイアケース

  5. F1のレーシングスピリットから生まれた本格スポーツウォッチ 

  6. AUDEMARS PIGUET 名門の伝統と技術が結晶した永久カレンダーウォッチの傑作

  7. Cover story パリジェンヌの腕に、キラリ

  8. クリーンな海を存続させるための 社会貢献モデル3選

人気記事

最近の記事

PAGE TOP