注目の記事 PICK UP!

THE ELEGANT LIFE OF CHASHITSU

日本の美意識が極まる空間と西洋伝統美が交差

特別なルールに則って生まれた、極めて小さな茶室は、質素さの中で「茶の前では誰もが平等である」という精神世界を説いた。そしてその作法や所作を楽しむ上流階級の伝統は、今では日本の美意識の象徴として受け継がれている。

翻って機械式時計はどうか?誰にも平等に流れる“時”の象徴であり、小さなケースの中に天文や物理の法則を詰め込んでいる。時計も茶室も、美しいという言葉の裏に哲学を含んでいる。

必然が生み出した、論理的な美しさ。

Rolex

オイスター パーペチュアル デイトジャスト (右)

堅牢なケースとねじ込み式のリューズ&ケースバックから成る防水ケース「オイスター」は、水分から時計を守り、水分時計を実用させた立役者である。1945年に登場した「オイスター パーペチュアル デイトジャスト」は、今では高級時計の普遍的なスタイルとなった。36㎜サイズのケースは、完璧なプロポーションとして受け継がれており、誰もが知るアイコンとしての価値を持つ。自動巻き、18KYGケース、ケース径36㎜。/日本ロレックス 問03-3216-5671

IWC

インヂュニア・オートマティック“AMGブラックシリーズ・セラミック (左)

「インヂュニア」は、IWCのエンジニアリングへのこだわりを象徴している。その最新作「インヂュニア・オートマティック“AMGブラックシリーズ・セラミック”」では、ケースにセラミックを採用。軽量な上に傷も付きにくいという理想的な素材を使うことで、ユーザーフレンドリーな時計に仕上げている。ケースはマット、ベゼルはポリッシュで仕上げ分けた。自動巻き、セラ ミックケース、ケース径46mm/IWC 問03-3288-6359。

太陽や月の動きで、移ろいゆく季節を知る

ZENITH

エル・プリメロ クロノマスター グランドデイト ムーン&サンフェイズ

高速振動する傑作クロノグラフムーブエント、エル・プリメロを観賞できる「エル・プリメロ クロノマスター グランドデイト ムーン&サンフェイズ」。6時位置の表示は、ディスクが二枚重ねになっており、月と太陽の動きをそれぞれに表示する仕組み。宇宙空間で繰り広げられるダイナミックな天体ショーを、腕元に搭載したロマンティックな一本。中秋の名月を眺めたくなる。自動巻き、SSケース、ケース45mm。/LVMH ウォッチ・ジュエリー ジャパン ゼニス 問03-5524-6420。/山田平安堂

守るべき伝統と、そこから生まれる進化

HUBLOT

キング・パワー ウニコ チタニウム ホワイト

時計界を驚かせ続けるウブロ。視認性や針の長さ、装着感など、ディテールは伝統に則っているが、それ以外のデザインや機構は大胆そのもの。その独特のミックス感で、時計好きの心を掴んで離さない。「キング・パワー ウニコ チタニウム ホワイト」は、自社製クロノグラフムーブメントを搭載。主要パーツにシリシウムを使用しており、耐久性や耐磁性能が向上。さらに使いやすい時計へと進化した。自動巻き、チタンケース、ケース径48㎜。/ウブロジャパン 問03-3434-3002

必要な機能だけを追求する、達人の道具

BREITLING

トランスオーシャン・ユニタイム・パイロット

“プロフェッショナルのための計器”を標榜するブライトリングでは、全てが機能的なロジックで生み出されている。繊細なクロノグラフにワールドタイム機構を組み合わせた「トランスオーシャン・ユニタイム・パイロット」は、世界中の現在時刻を同時に表示する国際派ウォッチ。しかし色数をなるべく抑えることで視認性を高め、操作方法をシンプルにすることで使い勝手を高めている。自動巻き、SSケース、ケース径46mm。/ブライトリング・ジャパン 問03-3436-0011

古きものを大切にするという気持ち

CHOPARD

イタリアで開催されるクラシックカーレース「ミッレ ミリア」をサポートするショパールは、伝統を大切にする時計メーカー。毎年限定モデルを発売しており、時計界におけるコレクターズアイテムとなっている。今年はGMT機能を搭載した「ミッレ ミリア GMT クロノグラフ 2013」を発売。クラシックカーに使われる旧式のレースタイヤ模様を模したラバーストラップも効果的。自動巻き、18KRGケース、ケース径44mm。/ショパール ジャパンプレス 問03-5524-8922

伝統の中に加えるひとさじのモダン

Oris

アートリエ トランスルーセントスケルトン

ムーブメントの地板を丁寧に肉抜き加工し、内部機構を見せるスケルトン仕上げは、時計界における古典的な手法。しかし「アートリエ トランスルーセントスケルトン」の場合は、程良くモダンな味付けをしている。例えばムーブメントの外縁部をトランスパレント化しており、向こう側が見える。さらに針はグレー仕上げ。ケース径もやや大きめにすることで、新世代のスケルトンウォッチを作り出した。自動巻き、SSケース、ケース径40.5mm。¥252,000/ユーロパッション 問03-5295-0411。

深みのある黒艶が時計を魅力的に見せる

Cuervo Y Sobrinos

プロミネンテ ソロテンポ デイト

キューバのハバナにて創業したというユニークなルーツを持ち、デザインでカリビアンな空気を演出するスイスブランド。「プロミネンテ ソロテンポ デイト」では、ブラックコーティングを施したケースによって、艶っぽい雰囲気を作り出した。自動巻き、SSケース、ケース縦52×横31mm。/ムラキ クエルボ・イ・ソブリノス 問03-3273-0321

年を重ねることは美しさを重ねること

Bell & Ross

BR03-92 ゴールデンヘリテージ

航空計器の意匠そのままを思わせるゴールドカラーのインデックスを持つ「BR03-92 ゴールデンヘリテージ」は、新品ながら既に使い込んだ風合いを楽しめる。しかも針はゴールドなので、高級感もある。天然レザーのストラップは使いこむほどに味が出てくる。自動巻き、SSケース、ケース縦42×横42mm。/ベル&ロス(オールブルー) 問03-5977-7759

hoto by Hisashi Wadano
Thanks to Yamada Heiando
東京国立博物館 茶室 応挙館にて撮影。

2013年9月「HORLOGERIE]本誌より引用(転載)

関連記事

  1. ヴィンテージの風合いはここをCHECK!

  2. The Watches with Graphic Art

  3. 変わらない、ということが時計を愛しいものにする

  4. “マニュファクチュール”カルティエ その実力が結晶した本格ダイバーズ

  5. Fantastic Times of the Dress Up Season

  6. Flora HOMME Vol.19

  7. BRAND PICK UP Vol.7

  8. BODY and TIME Vol.2

人気記事

最近の記事

PAGE TOP