注目の記事 PICK UP!

MODERN “WA-FU” 和の情景に溶け込む 最旬ウォッチ

平成の時代が終わりを告げようとしている2019年春。 グローバルな世の中になったものの、この節目には 改めて日本の伝統や文化といった古来から受け継いできた物事・事柄を、 再認識させられる機会が増えるだろう。 舶来品が多い腕時計であるが、詫び寂びの世界にも通じる デザインや製造哲学は、実は“和”の情景との相性がいい。 そんな時代の節目に手に入れるべき腕時計をご紹介する。

PATEK PHILIPPE

永久カレンダー Ref.5327 (左)

ラグにデリケートな溝を備えたカラトラバケースに、インデックスには植字によるゴールド製ブレゲ数字を配した永久カレンダーモデル。文字盤にはアイボリーカラーのラッカーが塗装され、上品な光沢を放つのも魅力。ムーブメントはケースの薄さを追求したマイクロローター式自動巻きのキャリバー240 Qを搭載することで、スマートなコンプリケーションを実現した。自動巻き。18KYGケース。ケース径39㎜。アワーグラス銀座店 問03-5537-7888

A.LANGE & SÖHNE

サクソニア・ムーンフェイズ (右)

ランゲ独特のアウトサイズデイトとムーンフェイズに、ブラックダイヤルを合わせて独特な雰囲気を醸し出す。アウトサイズデイトにもブラックのディスクを配し、ホワイトの数字を際立たせたのがこだわりのポイント。漆黒のダイヤルの中、ムーンフェイズには852個の星が刻まれ、その月齢表示は122.6年に1日分の誤差という高精度を誇る。自動巻き。18KPGケース。ケース径40mm。A.ランゲ&ゾーネ 問03-4461-8080

PANERAI

ルミノール サブマーシブル 1950 BMG-TECH™ 3デイズ オートマティック-47mm

プロフェッショナルダイバーズであるサブマーシブルはケースに高い耐腐食性、耐衝撃性、耐磁性が要求されるため、これまでハイテク素材が積極的に採用されてきた。ガラスのような分子構造をもつ非結晶の特殊合金である「BMG-TECH™」という新素材もそのひとつ。堅牢かつ軽量で、時間がたってもその外観の美しさが保たれるのが特徴だ。300m防水。自動巻き。BMG-TECH™ケース。オフィチーネ パネライ 問0120-18-7110

UBLOT

クラシック・フュージョン キングゴールド グリーン (左)

トレンドカラーをいち早く取り入れるのが得意なウブロから、シックなモスグリーンのダイヤルを配した一本。デザインや機構はクラシック・フュージョンを踏襲しながら、ブラックやホワイトの定番カラーにはないグリーンで、新鮮な印象を与えてくれる。サテン仕上げを施した抹茶のような色合いは和の世界にとてもマッチする。自動巻き。18Kキングゴールドケース。ケース径45㎜。ウブロ 問03-5635-7055

IWC

ビッグ・パイロット・ウォッチ (右)

ケース径46.2mmという大型ケースにより、一瞬で確認できる視認性と手袋をしていてもリューズ操作が可能なのが特徴のパイロットウォッチ。168時間パワーリザーブを誇る自社製キャリバーを搭載し、それを磁力から守る軟鉄製インナーケースを備え、中身までも堅牢に仕上げた。飾り気のないシンプルなデザインに、武骨な男らしさが現れている。自動巻き。SSケース。ケース径46.2mm。IWC 問0120-05-1868

VACHERON CONSTANTIN

オーヴァーシーズ ワールドタイム (中央)

トラベルをテーマに掲げるオーヴァーシーズにとって、ワールドタイムモデルはまさに本命の1本。ダイヤル中央には北半球がエングレービングされ、その周囲にルイ・コティエ式のワールドタイム表示を配する。軟鉄製ケース&リングを備え、磁気の強い飛行機の中でも守られる、ジェットセッターには頼もしい時計だ。150m防水。自動巻き。SSケース。ケース径43.5mm。ヴァシュロン・コンスタンタン 問0120-63-1755

TAG HEUER

タグ・ホイヤー カレラ キャリバー ホイヤー 02T カーボン トゥールビヨン ファントム (左)

スケルトンダイヤルから見えるパーツをブラックに仕上げることで、繊細なトゥールビヨンウォッチを精悍に見せる1本。ベゼルやラグにはカーボン素材を採用し、レーシングカーのルーツも感じさせてくれる。COSC認定の自社製トゥールビヨン・クロノグラフムーブを搭載。世界限定500本。100m防水。自動巻き。Tiケース。ケース径45㎜。LVMH ウォッチ・ジュエリー ジャパン タグ・ホイヤー 問03-5635-7054

ZENITH

デファイ ブルー (右)

オープンワークダイヤルから確認できるブルーのメインプレートが特徴で、丁寧な面取りとサテン仕上げが施され、デザイン的なアクセントとなっている。時刻用とクロノグラフ用のそれぞれ独立した脱進機を備え、センター針は1/100秒クロノグラフ、6時位置のインダイヤルは1/10秒積算計表示で、高い精度のクロノグラフ計測が可能となっている。自動巻き。Tiケース。ケース径44㎜。ゼニス 問03-5524-6420

OMEGA

スピードマスター ダーク サイド オブ ザ ムーン アポロ8号 (左)

人類が初めて月の裏側を見た1968年のアポロ8号。その50周年を記念し、レーザー加工で月の表面を再現した装飾を施した。ダイヤル側から地板に地球から見える月の表側、ケースバックからは月の裏側(ダークサイド)の模様を施した。ケースはブラックセラミックを採用し、イエローのクロノグラフ針やステッチでコントラストを効かせた。手巻き。セラミックケース。ケース径44.25㎜。オメガお客様センター 問03-5952-4400

BREGUET

ブレゲ クラシック 7337 (右)

フランズ・パリのブレゲ・ミュージアムに収められているブレゲ初期の懐中時計のデザインを、腕時計として忠実に再現。12時位置にはムーンフェイズ表示を配し、2時位置に日付表示、10時位置に曜日表示を備える。クラシカルなオフセンターデザインながら、ムーブメントにはシリコン製アンクルやヒゲゼンマイといった現代的な技術を用いて、上品な薄型ケースに仕上げた。自動巻き。18KWGケース。ケース径39㎜。ブレゲ 問03-6254-7211

BELL & ROSS

BR 03-92 ナイトラム (左)

戦闘機のコックピットを思わせるBRシリーズ。光を意味する「Lum」を冠したこのモデルには、インデックスと針に、強力な発光力と持続力のあるスーパールミノバ®を塗布。暗闇でもはっきりと時刻が読み取れる実用性を備える。スタイリッシュなブラックケースに加え、昼間でもマットブラックのダイヤルが映え、高い視認性を誇る。自動巻き。セミラックケース。ケースサイズ42㎜。オールブルー 問03-5977-7759

CUERVO Y SOBRINOS

プロミネンテ ソロテンポ トコロロ ブルー (右)

キューバの国鳥「トコロロ」は、キューバ国旗と同じ青、赤、白の色彩を持つ鳥。その名をモデル名に冠したプロミネンテコレクションをベースとした限定モデルは、ブルーダイヤルの中央にブルーのマザーオブパールを配した特別仕様。インデックスはアラビア数字が大胆にレイアウトされ、アールデコ様式の上品なデザインに仕上がった。日本限定50本。自動巻き。SSケース。ケースサイズ31×52㎜。ムラキ 問03-3273-0321

U-BOAT

クラシコ 45 チタニウム/タングステン スケルトン (左)

8時位置のアイコニックなクラウンリリースシステムを持つUボートから、スケルトンモデルが登場。グレー加工で仕上げた時計の内部はインダストリアルなデザインに仕上がり、スタイリッシュな印象に。ケースはチタンを採用し、ベゼルには高い硬度を持つタングステンを配すことで、マスキュリンな1本となっている。世界限定299本。自動巻き。Tiケース。ケース径45㎜。ユーロパッション 問03-5295-0411

JUNGHANS

マックス・ビル メガ (右)

バウハウスデザインを継承するマックス・ビルコレクションから、高い精度を実現した電波時計モデルが登場。このモデルには新型のJ101 ラジオコントロールムーブメントが搭載され、時計信号受信の範囲である3大陸では、一日に1440回も正確な時刻情報と比較して自動調整し、100万年に0,006秒の誤差という非常に高い精度を実現した。クォーツ。SSケース。ケース径38㎜。ユーロパッション 問03-5295-0411

Photographs:Takeshi Hoshi
Styling:Katsuya Kubokawa
Corporation:Kikuchi Shoten

2019年3月『HORLOGERIE』本誌より引用(転載)

関連記事

  1. PATEK PHILIPPE ブランドが誇るワールドタイム機構に、クロノグラフを載せた高度な合わせ技…

  2. 進化を続ける世界最初の軍用ダイバーズ

  3. CARTIER 優美でグラマラス、かつ大胆なスピリットを秘めたパワーウォッチ

  4. Flora HOMME Vol.16

  5. Japanese Artistic Time in Autumn

  6. AUDEMARS PIGUET 名門の伝統と技術が結晶した永久カレンダーウォッチの傑作

  7. Brand File BALL Vol.10

  8. PATEK PHILIPPE あらゆるシーンで使える カジュアル&シックなメンズウォッチ

人気記事

最近の記事

PAGE TOP