注目の記事 PICK UP!

Flora HOMME Vol.23


咲き乱れた花と、 そこに埋もれる人類の叡智が詰まった腕時計。 一瞬と永遠の美がここに競演する。

CARTIER

タンク MC クロノグラフ

タンクシリーズの中でもメンズ専用コレクションで、やや大きめのケースサイズや腕に馴染みやすい少しカーブを描いたケースラインが特徴。
モデル名にもある「MC」とはManufacture Cartierの略で自社製ムーブメントの証であり、こちらには自社製のクロノグラフキャリバー1904-CH MCが搭載されている。自動巻き。18KPGケース。ケースサイズ43.9×38.9㎜。291万6000円。カルティエ カスタマー サービスセンター 問0120-301-757

A.LANGE&SOHNE

1815 クロノグラフ(上)

脈拍計測用のパルスメーターを備えたフライバッククロノグラフに、今年ピンクゴールド仕様が加わった。温かみのある色合いで、従来のホワイトゴールドとは違った魅力を放つ。自社製クロノグラフムーブメントを搭載し、フリースプリング式ヒゲゼンマイを組み込んだ毎時1万8000振動のロービート仕様となっている。手巻き。18KPGケース。ケース径39.5㎜。610万2000円。A.ランゲ&ゾーネ 問03-4461-8080

de GRISOGONO

ニューレトロ スケルトン トゥールビヨン(下)

カンヌ国際映画祭でレッドカーペットを歩く女優たちが、こぞって同社のジュエリーを身に着けるのはいまや恒例。ウォッチメイキングも独特なスタイルで、こちらはレトロなTVスクリーン型のケースをスケルトンにし、香箱、輪列、トゥールビヨンを表裏から眺めるようにした。上下に貫くゴールドのブリッジは華やかさの中に力強さを表現する。手巻き。18KPGケース。ケースサイズ50.6×44.1㎜。1629万7200円。ムラキ 問03-3273-0321

2018年11月「HORLOGERIE]本誌より引用(転載)

関連記事

  1. HG TOPICS Vol.21

  2. “オールブラック”誕生10周年を祝福する 贅沢なサファイアケース

  3. 舞台は海へ。ミッションウォッチの 新たな挑戦

  4. de GRISOGONO ガルーシャストラップの大いなる先駆け

  5. HG TOPICS Vol.22

  6. GRAND SEIKO 純白のダイヤルと スプリングドライブが 秋の気分を軽やかにする

  7. OFFICINE PANERAI 一般発売20周年のアーカイブ展で、サプライズ新作!

  8. CARTIER メンズウォッチの不朽の名作が 新技術の搭載でさらに快適に。

人気記事

最近の記事

PAGE TOP