注目の記事 PICK UP!

ペアウォッチをさらに特別に!

JAGER-LECOULTRE

MEN’S
レベルソ・クラシック・ミディアム・スモールセコンド

931年の誕生以来、そのスタイルを受け継いできた「レベルソ」。ケースを反転させるという特殊構造のために生まれた長方形ケースが、腕元で華やかなオーラを作る。搭載ムーブメントは自社製のCal.822/2。ゼンマイを手で巻き上げるという行為自体が、幸せな時間となる。手巻き。SSケース。ケースサイズ42.9×25.5㎜。71万2800円。 ジャガー・ルクルト 問0120-79-1833

JAGER-LECOULTRE

LADIE’S
レベルソ・ワン

レベルソの優雅な長方形ケースは、アールデコと呼ばれるデザイン様式。直線的でありながら、ラグ回りなどの細部に優美なカーブを取り入れて贅沢な雰囲気に。レディスモデルはダイヤモンドをセッティングしているが、ケースを反転させるとシンプルなソリッドバックになる。クォーツ。SSケース。ケースサイズ40.1×20㎜。64万2600円。 ジャガー・ルクルト 問0120-79-1833
反転ケースというレベルソの特長を楽しむなら、ソリッドバックにエングレービングを施すという方法がある。イニシャルや飾り文字など、二人だけの記念や思い出を刻むことができる。予算の目安は4万3200円から。

HUBLOT

MEN’S
クラシック・フュージョン チタニウム グリーン

華やかなペアウォッチだからこそ、色で遊んでみるのも面白い。ウブロが注目したのはグリーンで、これをエレガントなクラシック・フュージョンと組み合わせた。加工が難しいチタン素材を丁寧に仕上げている。自動巻き、Tiケース、ケース径42㎜。83万1600円。 LVMH ウォッチ・ジュエリー ジャパン ウブロ 問03-5635-7055

HUBLOT

LADIES’
クラシック・フュージョン チタニウム グリーン ダイヤモンド

グリーンとはいえダーク系で落ち着いた雰囲気があるため、ベゼルのダイヤモンドで煌めきをプラス。ストラップはラバーにグリーンのアリゲーターストラップを組み合わせているため、エレガント。クォーツ。Tiケース。ケース径33㎜。103万6800円。 LVMH ウォッチ・ジュエリー ジャパン ウブロ 問03-5635-7055

TAG HEUER

MEN’S
アクアレーサー 石垣島スペシャルエディション

海との繋がりを深める同社が世界的ダイビングスポットである石垣島をイメージした限定モデルを発表。マリンブルーのダイヤルに、秒針などに使ったコーラルカラーを組み合わせる。日本限定500本。クォーツ。SSケース。ケース径41㎜。19万4400円。 LVMH ウォッチ・ジュエリー ジャパン タグ・ホイヤー 問03-5635-7054

TAG HEUER

LADIES’
アクアレーサー レディ 石垣島スペシャルエディション

ダイビングを愛するカップル向けのペアウォッチで、メンズとはサイズ違い。本エディションの売り上げの一部は、環境保全団体WWFジャパンの取り組む南西諸島の環境保護活動に充てられる。日本限定500本。クォーツ。SSケース。ケース径27㎜。17万2800円。LVMH ウォッチ・ジュエリー ジャパン タグ・ホイヤー 問03-5635-7054

BELL & ROSS

MEN’S
BR 03-92 ダイバー ブルー

航空計器をそのまま腕時計にしてしまう独創的なBRシリーズも、実はペア使いが楽しい。その角形デザインを生かしたダイバーズウォッチは300m防水の本格派。ダイヤルやベゼルなどにブルーを使っており、華やかな雰囲気が生まれている。自動巻き。SSケース。ケースサイズ42×42㎜。48万6000円。 オールブルー 問03-5977-7759

BELL & ROSS

LADIES’
BR S ブルー ダイヤモンド イーグル

ミリタリーテイストの角形ケースも、39㎜というサイズであれば、女性も楽しめる。ミッドナイトブルーと命名されたダイヤルの上に、7つのダイヤモンドを使って鷲座を描いた。その華やかさと煌めきを、アクセサリーとして楽しみたい。クォーツ。SSケース。ケースサイズ39×39㎜。37万2600円。 オールブルー 問03-5977-7759

2018年11月「HORLOGERIE]本誌より引用(転載)

関連記事

  1. HG TOPICS Vol.21

  2. PATEK PHILIPPE あらゆるシーンで使える カジュアル&シックなメンズウォッチ

  3. HG TOPICS Vol.16

  4. ラグジュアリーが加速する パイロットウォッチ

  5. HG TOPICS Vol.20

  6. アートと時計の密なる関係 Watches as An Art

  7. de GRISOGONO 甘やかな夜に捧ぐジュエリーのきらめき

  8. 複雑時計の最後のフロンティア 〈 リピーター&ソヌリ 〉 機械式時計の“音”の世界(2)

人気記事

最近の記事

人気記事

PAGE TOP