注目の記事 PICK UP!

ヴィンテージの風合いはここをCHECK!

DIAL

主に用いられる手法は「グラデーション」ダイヤル。60年代に流行した手法で、日焼け加工を施すといい風合いとなる。

 

CASE

ケース素材として好まれるのは「ブロンズ」。酸化しやすいため、使っていくうちにどんどん変色していき、自分だけの時計になる。

 

INDEX

インデックスに塗布する夜光塗料の色は、サンドベージュなどを使用。これだけで、日焼けして経年劣化したような雰囲気が生まれる。

 

STRAP

ストラップは表面加工をしやすいレザー素材が多い。ヌバックレザーやカーフなどを使っており、カラーや質感で味わいを作る。

時計は高価なものだから、なるべくきれいに使いたいというのが心情だろう。しかしながら腕時計の場合はどうしても、テーブルや壁などにぶつけてしまう可能性がある。

何の気なしに腕を上げた拍子に、時計がぶつかるあの嫌な感触は、時計愛好家なら誰もが何度か経験しているに違いない。特に手に入れたばかりの時計に限って、目立つところに傷が入るのだから不思議なものだ。

メンテナンス時に磨き直すという方法もあるが、時計メーカー側でも策を講じており、素材表面に硬化処理を施し、あるいはセラミックなど超硬素材を素材に使うことで傷がつきにくい時計を目指している。

しかしその一方で、時計は毎日楽しむものなのだから多少の小傷はむしろ勲章であるという考え方も根強い。傷のひとつひとつに思い出があり、自分流に育てていくという楽しみもあるからだろう。

ところが昨今は、また新たな趣向が加わった。それが「アンティーク風」である。何十年も前に作られ、何人もの人が使用してきたアンティークウォッチは、当然ながら傷もついているし、ダイヤルだって日焼けしているが、だからといってその魅力が損なわれるわけではない。

むしろその時計にしかない個性として評価される。こういったアンティークならではの風合いを、新品の時計においても取り入れ始めている。ケースの素材やダイヤルの風合い、夜光塗料の色などで、アンティーク風に疑似的に加工するのだ。

こういった手法はデニムなどではお馴染みだが、こちらはあくまでもカジュアル路線。ところがリッチでラグジュアリーな高級時計の世界でも、通用してしまうというのが面白い。

なぜアンティーク風の加工が増えているのか? それは“復刻モデルの台頭”と無関係ではあるまい。数十年前のデザインを取り入れた時計には、現代モデルにはない奥深さがある。

この味を生かすためには、ハイテク素材のおかげでいつまでもピカピカしているよりも、多少使い込んだ雰囲気の方がいい。時代性に合わせた風合いが、復刻ウォッチの魅力をさらに加速させてくれるのだ。

さらには、時計にアクセサリー要素を求める人が増えているもの要因だろう。いつまでも綺麗な時計は、美しいけど自分らしさを主張できない。しかし経年変化しやすい素材を使用し、あるいは配色でアンティーク風を演出していれば、徐々に“自分のモノ”になっていく。

しかも最初から味だし感を漂わすのもメリットである。

BLANCPAIN

フィフティ ファゾムス バチスカーフ デイ・デイト 70s

モダンダイバーズの流れをくむ傑作「バチスカーフ」の70年代モデルを復刻。アラビア数字のインデックスがかなり個性的。グレーのグラデーションダイヤルや加工を施したレザーストラップで、アンティーク風に仕上げている。世界限定500本。自動巻き。SSケース。ケース径43㎜。135万円。ブランパン 問03-6254-7233

 

SCHAUMBURG

スチームパンク

蒸気機関をテーマにしたSF作品の総称である「スチームパンク」をイメージした時計で、シースルーダイヤルで内部構造を見せる。ケース素材はステンレススティールだが、300度近く加熱することで変色させており、使い込んだ風合いに仕上げている。自動巻き。SSケース。ケース径42㎜。31万8600円。ユーロパッション 問03-5295-0411

 

ZENITH

パイロット タイプ エクストラスペシャル

世紀初頭にゼニスが製造していた航空計器をイメージしたシンプル表示と、当時のパイロット時計を思わせる大型リューズが特徴。ダイヤル色に合わせたオイリーヌバックレザーのブルーストラップが味わい深い質感を作り出す。自動巻き。ブロンズケース。ケース径40㎜。691200円。ゼニス 問03-5524-6420

 

BELL & ROSS

BR V2-94スティール ヘリテージ

インデックスや針に塗布する夜光塗料を、サンドカラーで仕上げることで、日焼けして変色したかのような風合いを作る。ラバーストラップの模様は1960年代に流行したトロピック風に加工し、風防ガラスもボックス型。細部までこだわりは深い。自動巻き。SSケース。ケース径41㎜。61万5000円。オールブルー 問03-5977-7759

2018年9月「HORLOGERIE]本誌より引用(転載)

関連記事

  1. HUBLOT 素材と最先端メカ、ウブロの2つの魅力を凝縮

  2. CARTIER メンズウォッチの不朽の名作が 新技術の搭載でさらに快適に。

  3. Brand File Vol.11

  4. Flora HOMME Vol.13(1)

  5. 最薄ケースレース

  6. ジメジメした季節に気になる “梅雨”ダイバーズ3選。

  7. カレンダー機構のメカニズム

  8. PATEK PHILIPPE 名門の技術と伝統が結晶した 永久カレンダーウォッチの傑作

人気記事

最近の記事

PAGE TOP