注目の記事 PICK UP!

McLaren 720S Spider

圧倒的なパフォーマンスとモダンアートのような造形美、日常での快適性、さらには所有する喜びを満たしてくれるラグジュアリーな設え。スーパースポーツに求められる要素すべてを高次元で満たすマスターピース、McLaren 720Sに、風を感じられるスパイダーが加わった。

エンジンの咆哮と風を切り裂く感触マシンと同種の興奮がある

マクラーレンの特徴をひとことで言うならば、「本物」ということに尽きる。ステイタスシンボルではなく、玄人が納得する本格的なスポーツカーなのだ。McLaren 720Sも例外ではない。アグレッシブに泳ぎ回るホオジロザメにインスピレーションを得たというデザインは、個性的であると同時に優美だ。ただし、エレガントな面の表情も優雅なラインも、お飾りではない。

高速域での風の流れをコントロールすることやエンジンを冷やすために空気を取り入れることなど、どの部分にも確固たる理由がある造形なのだ。そのMcLaren 720Sに、電動格納式のハードトップを備えるコンバーチブルタイプのニューモデル、720Sスパイダーが追加340km/hを超す最高速度や、繊細な乗り心地と切れ味鋭い操縦性を両立する最先端の油圧サスペンションなど、その高度なパフォーマンスは720S Coupeと変わらない。

一方、わずか11秒で開閉するハードトップを開け放てば、4ℓのV8気筒ツインターボエンジンの息吹や、空気を切り裂く感触をダイレクトに感じ取ることができる。スーパー・スポーツカーの世界では一般に、屋根が開くスパイダーはボディが弱く、重くなることから、ラグジュアリー仕様に位置づけられる。しかしこのクルマは違う。先進的なカーボン構造のおかげで、パフォーマンスの低下がないのだ。結果、F1ドライバーと同種のライブ感が味わえる本物に仕上がった。そう、マクラーレンには常識破りという特徴もある。

先進的なボディ構造によりクーペからの重量増はわずか49kgに抑えられた。リトラクタブル・ハードトップには透明・半透明の切り替えが可能なエレクトロクロミック・ガラスも用意

ハードトップは11秒で開閉、50km/hまでなら走行中でも開閉可能だ。

McLaren 720S Spider

3788万8000円〜

全長 4,543mm
全幅(ミラー展開時) 2,161mm
全高 1,196mm
乾燥重量(最軽量時) 1,332kg
車両重量(DIN) 1,468kg
エンジン種類/型式 V型8気筒M840T/4.0L
総排気量 3,994cc
最高出力 720PS(537kW)/7,500rpm
最大トルク 770Nm/5,500−6,500rpm

マクラーレン東京 問03-6438-1963/マクラーレン麻布 問03-3446-0555/マクラーレン名古屋 問052-528-5855/マクラーレン大阪 問06-6121-8821/マクラーレン福岡 問092-611-8899

TextTakeshi Sato

2019年3月「HORLOGERIE]本誌より引用(転載)

関連記事

  1. 英国のサラブレッドが独走を続ける理由。Aston Martin DB11

  2. F1ドライバーのドライビングで、F1グランプリが開催されるコースを走る。McLaren 720S

  3. McLaren 570S Spiderを自由に操り、最高峰のリゾートステイを満喫する。 1泊2日のエ…

  4. HORLOGERIE MEETS CAR McLaren 570GT

  5. 航空力学を突き詰めたコンセプトカーの概念が注がれた至高のタイムピース、誕生

人気記事

最近の記事

人気記事

PAGE TOP