注目の記事 PICK UP!

癒しの絶景を求めて LUXURY RESORT STORY IN ONOMICHI

極上のリゾートではゆったりとした時間の流れと非日常空間が欠かせない。日の出とともに起き、夕日にまどろみ、自然のリズムに身を委ねるのもいいだろう。そこではアクティブに過ごすのも、心身を浄化する静かな時を過ごすのも自由だ。そんなバカンスを過ごす上質な宿では、ラグジュアリーなウォッチが頼りになる。

ドレスコードのあるレストランでも品格を保ち、マリンアクティビティでも一緒に楽しめるタフさを持ち合わせるからだ。今回は尾道のホテルを舞台に、極上リゾートにふさわしいラグジュアリーウォッチをご紹介する。

レセプションを抜けると、水盤の水平線と同化した瀬戸内の海と島々が織りなす大パノラマが広がる。心を開放してくれる、極上のもてなしの始まりだ。

CARTIER

サントス ドゥ カルティエ(左)

腕に着けることを前提とした世界初の実用的な腕時計として知られる「サントス」。アップデートした新作はベゼルにあしらわれた8本のビスなど、オリジナルのデザインは踏襲しつつ、ベゼルがブレスレットまで一体化したようなデザインへ変更。ケース厚を薄くしたことでフィット感も向上した。腕に時計を着けたいと願ったサントス=デュモンのこだわりが今なお受け継がれているのだ。自動巻き。SSケース。ケースサイズ39.8×47.5㎜。79万9200円。カルティエ カスタマー サービスセンター 問0120-301-757

AUDEMARS PIGUET

ロイヤル オーク オフショア クロノグラフ(中央)

25周年を迎えた「オフショア」シリーズはリゾートライフに最適なウォッチだ。中でもカーキのセラミックベゼルをあしらい、カモフラ柄のストラップを備えたこちらは、大人の遊び心に溢れている。明るい発色の難しいカラーセラミックを比較的鮮やかな色合いで実現し、サテンとポリッシュを使い分けた仕上げで高級感を出している。タフだが、しっかりドレスコードをわきまえたバカンスにふさわしい1本だ。100m防水。自動巻き。SSケース。ケース径44㎜。351万円。オーデマ ピゲ ジャパン 問03-6830-0000

VACHERON CONSTANTIN

オーヴァーシーズ・デュアルタイム(右)

ラグジュアリースポーツウォッチの一角を担うこのモデルは、ジュネーブ・シールも取得する正統派。2つのタイムゾーンが読み取れるこのデュアルタイムモデルは、世界を駆け巡るトラベラーに待望のモデル。先端に赤い三角の矢をあしらったGMT針は、ローカルタイムを示し、4時位置のねじ込み式のプッシュボタンで6時位置のポインターデイト式のデイト表示を調整できるようになっている。15気圧防水。自動巻き。SSケース。ケース径41㎜。291万6000円。ヴァシュロン・コンスタンタン 問0120-63-1755

天井高5mもの開放的なベッドルームのあるオーシャンビューのスペシャルスイート。瀬戸内海からの潮風が心地いい。

IWC

ポルトギーゼ・クロノグラフ・クラシック(左)

このモデルの個性を際立たせているのは、12時位置のインダイヤルに同軸上で2つのクロノグラフ積算計を備えていること。過剰な装飾をせず、美しく仕上げたデザインには、高性能ながらすっきりとした印象となって、IWCらしさが表れている。ケースバックはシースルーとなっているのもポイント。これはベーシックモデルにはない仕様で、自社製クロノグラフキャリバー89361の精緻な動きを鑑賞できる。自動巻き。18KRGケース。ケース径42mm。245万1600円。IWC問0120-05-1868

TAG HEUER

タグ・ホイヤー カレラ キャリバー16 クロノグラフ(右)

タグ・ホイヤー カレラ55周年を記念するこのモデルは、ブルーダイヤルにホワイトのインダイヤルを備えたヴィンテージ感あるスポーティなデザインを持つ。ラグはやや長めにすることでエレガンスをプラスし、ケース径も通常モデルと比べるとやや小さいサイズとなっている。それでいてベゼルはタキメーターを備えたセラミック製で、現代的に仕上げた。自動巻き。SSケース。ケース径41㎜。51万8400円。7月発売予定。LVMHウォッチ・ジュエリー ジャパン タグ・ホイヤー 問03-5635-7054

広島は国産レモンの日本一を誇る一大産地。レモンの爽やかな香りが潮風に乗って運ばれてくる。

BELL & ROSS

BR V2-93 GMT(左)

角型ケースのBR 01シリーズではお馴染みだったGMTモデルがラウンドケースのBR V2シリーズでも登場。BR 01では回転しなかった24時間表示が、BR V2では両方向回転ベゼルを備え、機能性をアップ。インパクトのあるアラビア数字インデックスに、ホームタイムを示す24時間表示のオレンジカラーのGMT針は視認性も高く、実用的だ。3連のブレスレットはスポーティな印象で、リゾートでも重宝する。自動巻き。SSケース。ケース径41㎜。46万44 00円。オールブルー 問03-5977-7759

CUERVO Y SOBRINOS

ロブスト ブセアドール マンクアリ 1882(右)

ロブストとはやや短くて、太めのシガーのこと。キューバ発祥のクエルボ イ ソブリノスらしいモデル名だ。このモデルは創業年にちなんだ1882フィート(約600m)防水を誇る高性能ダイバーズで、6時位置にはセカンドタイムゾーンを配し、GMT針やビッグデイト表示も備える。また爽やかな白一色のデザインもリゾート向き。ケースバックにはキューバ固有の魚「マンクアリ」がエングレーブされる。600m防水。自動巻き。SSケース。ケース径43㎜。73万4400円。ムラキ 問03-3273-0321

瀬戸内海を見渡せるテラスには地中海のリゾートを思わせる鮮やかなブルーのタイルが張り巡らされる。海外リゾートにいる感覚だ。

OMEGA

シーマスター ダイバー 300M マスター クロノメーター

「007」のジェームズ・ボンド愛用でも知られる同モデルがフルモデルチェンジ。まず初代モデルにもあったダイヤルの波模様を復活。さらにマスタークロノメーター認定のCal.8800を搭載し、精度や耐磁性を高めた。日付表示は3時位置から6時位置へと変更し、すっきりとした印象に。リューズやベゼルには独自の赤味の強いセドナゴールドを採用し、リッチに仕上げた。自動巻き。SS×セドナゴールドケース。ケース径42㎜。74万5200円。オメガお客様センター 問03-5952-4400

瀬戸内海を借景とする展望風呂。その絶景も、もてなしのひとつだ。

U-BOAT

キメラ 46 カーボン Ref.8057(左)

大型リューズガードを左サイドに配置したデザインが特徴のユーボートから、カーボン素材の最高峰といわれるフォージドカーボンをケースに採用したタフウォッチが登場。フォージドカーボンとは、カーボンの中でも強靭で軽量なのが特徴の最先端素材として知られる。ダイヤルはスケルトン仕様でクロノグラフとともに24時間表示も備える。自動巻き。フォージドカーボン×Tiケース。ケース径46㎜。105万8400円。ユーロパッション 問03-5295-0411

VISCONTI

オペラ GMT ブルー(右)

筆記具メーカーからウォッチメイキングにも進出したヴィスコンティ。オペラは都市名表示の回転ディスクを備えたワールドタイム機構モデル。2時位置のリューズで都市名表示の回転ディスクと、24時間表示でホームタイムを示す矢印を操作する。4時位置は時刻を操作するリューズだ。ドーム風防に備えた3か所のブリッジは独特な個性を主張する。自動巻き。SSケース。ケース径43.5㎜。25万3800円。ユーロパッション 問03-5295-0411

夕陽百選にも選ばれる夕景は、尾道でも指折りの絶景ポイント。夕日にはタフな時計がよく映える。

HUBLOT

クラシック・フュージョン クロノグラフ ジーンズ(左)

ストラップとダイヤルに本物のデニム生地を採用した人気シリーズが、日本限定で「クラシック・フュージョン」コレクションから登場。ストラップとダイヤルではジーンズとの接着剤が違うので、ブルージーンズの同じ色合いを出すのは難しいが、見事に統一させた。ジーンズのカジュアル感が、リラックスしたリゾートの雰囲気とマッチし、瀬戸内の夕景を見てチルアウトするのにもぴったりだ。自動巻き。Tiケース。ケース径45mm。149万400円。LVMHウォッチ・ジュエリージャパン ウブロ問03-3263-9566

PANERAI

ルミノール ドゥエ スリーデイズ オートマティック アッチャイオ-38mm(右)

2016年に発売された初の薄型ケースの「ルミノール ドゥエ」コレクションから、パネライ史上最も小さいケース径38mmのモデルが登場。ビッグフェイスの代名詞だったパネライからユニセックスでも使えるサイズは新鮮。アイボリーの文字盤に、パネライのクラシックなデザインである大きなアラビア数字と夜光アワードットがあしらわれている。3時位置にはこのコレクションに初めて日付表示が加わった。自動巻き。SSケース。ケース径38㎜。72万3600円。オフィチーネ パネライ 問0120-18-7110

昼間にはTシャツに、ビーチサンダルでも、バータイムには、ジャケットと信頼できる腕時計を身に着けたい。それが極上のホテルでバカンスを楽しむマナーだ。

ZENITH

デファイ エル・プリメロ21 Japan Limited

2017年にデビューした「デファイ エル・プリメロ21」に日本限定のモデルが登場。軽やかなチタンケースで、ホワイトのミニッツスケールとストラップが印象的。爽やかなホワイトがリゾートで映え、バータイムにはスケルトンになったダイヤルから精緻な機械を眺めながら遊び心を満たしてくれるはずだ。COSC公認のムーブメントは1秒間で針が1回転する1/100秒クロノグラフが特徴だ。自動巻き。Tiケース。ケース径44㎜。145万8000円。LVMHウォッチ・ジュエリー ジャパン ゼニス 問03-5524-6420

PhotographsTAKESHI HOSHI CorporationBellaVista SPA & MARINA ONOMICHI

2018年6月「HORLOGERIE]本誌より引用(転載)

関連記事

  1. ヴァシュロン・コンスタンタン 深遠なるアートピースの世界

  2. 新作なのにすでに風格のある時計 ヴィンテージ風の味だしウォッチが今、熱い!

  3. 舞台は海へ。ミッションウォッチの 新たな挑戦

  4. Cover Story 上昇志向で輝く女性を 満足させる理由

  5. FLOWER BOX Vol.3

  6. Flora HOMME Vol.14

  7. HUBLOT 素材と最先端メカ、ウブロの2つの魅力を凝縮

  8. Frola HOMME Vol.17

人気記事

最近の記事

PAGE TOP