注目の記事 PICK UP!

Frola HOMME Vol.20

咲き乱れた花と、そこに埋もれる人類の叡智が詰まった腕時計。それは一瞬と永遠の美の競演だ。

GIRARD-PERREGAUX

ロレアート 42mm クロノグラフ(左)

昨年、再始動して人気化した同社のラグジュアリー・スポーツウォッチ。八角形ベゼルやダイヤルの緻密なクルー・ド・パリ装飾がアイコンだ。今年もその勢いを継続するべくクロノグラフを発表。ケースには高級時計に使われる306Lという高級ステンレススティールよりさらにグレードの高い904Lという素材が採用されている。自動巻き。SSケース。ケース径42mm。172万8000円。ソーウインド・ジャパン 問03-5211-1791

ROGER DUBUIS

エクスカリバー42 オートマティック スケルトン(右)

個性派の超絶ウォッチで知られる同社だが、ムーブメントが浮いているように見えるオートマティックのスケルトンウォッチはこのモデルが最初。ジュネーブ・シールを取得した自動巻きムーブメントのパーツは手作業で丁寧に磨かれ、星の形をしたブリッジやマイクロローターが立体的な視覚効果を生み出し、強烈な印象を与えてくれる。自動巻き。Tiケース。ケース径42mm。745万2000円。ロジェ・デュブイ 問03-4461-8040

MONTBLANC

モンブラン タイムウォーカー クロノグラフ オートマティック(左)

レーシングカーの計器をモチーフにしたデザインで、ブラックとシルバーのコントラストが印象的。ブラックセラミックベゼルやパンチングされたストラップなど、レーシーな雰囲気が満載。上下のインダイヤルには黒い縁取りを施して視認性を高め、ラグにはサイドにスケルトン加工を施すなど、質感や仕上げも上質だ。自動巻き。SSケース。ケース径43mm。49万5720円。モンブラン コンタクトセンター 問0120-39-4810

BLANCPAIN

ヴィルレ デイ・デイト(右)

現存する最古のブランドの名門マニュファクチュールから、初のデイ・デイトモデル。デイ・デイトとは3時位置に日と曜日が並んで表示される機能のこと。リューズで日・曜日を同時に早送りでき、逆に回せば曜日だけ調整できる。同社らしい実用的なメカニズムに仕上げた。小さめのローマ数字とリーフ針のバランスも良く、エレガント。自動巻き。SSケース。ケース径40mm。116万6400円。ブランパン 問03-6254-7233

Photos:Noboru Kurimura

2018年3月「HORLOGERIE]本誌より引用(転載)

関連記事

  1. 新作なのにすでに風格のある時計 ヴィンテージ風の味だしウォッチが今、熱い!

  2. 舞台は海へ。ミッションウォッチの 新たな挑戦

  3. Frola HOMME Vol.22

  4. 癒しの絶景を求めて LUXURY RESORT STORY IN ONOMICHI

  5. Frola HOMME Vol.18

  6. The Modern CHASHITSU モダン茶室と 最旬ウォッチ

  7. HG TOPICS Vol.18

  8. 閏年の東京五輪までに手に入れたい 暦のひずみに挑む カレンダーウォッチこそ 機械式の王道だ!

人気記事

最近の記事

人気記事

PAGE TOP