注目の記事 PICK UP!

CARTIER 優美でグラマラス、かつ大胆なスピリットを秘めたパワーウォッチ

多彩なカルティエのコレクションのなかでも特にアイコニックな「パンテール ドゥ カルティエ」。最初期の部類に入る作品は、1914年にシャルル・ジャコーがデザインした女性用のリストウォッチで、プラチナ台にオニキスとダイヤモンドで豹のパターンがあしらわれていた。

1930年代には気鋭のクリエイティブディレクター、ジャンヌ・トゥーサンによって、豹の姿態を生き生きと表現したハイジュエリーが作られた。ジャンヌの元で、デザイナーのペーテル・ルマルシャンはパリの動物園に足しげく通い、おびただしい数の豹のスケッチを描いたという。

以来、なまめかしく艶めいたパンテールのジュエリーは、エレガントな女性たちの心を虜にすることになった。第二次世界大戦の暗い影が薄れ、世界各国が経済的な成長に浮かれていた1980年代に入ると、カルティエはこの美しい猫科の動物を新たな次元に進化させた。

それが1983年に誕生した「パンテール ドゥ カルティエ」ウォッチだ。リアルな豹の意匠はどこにもあしらわれていない。だが、官能的に手首に巻きつくブレスレットや、モダンに引き締まったディテールの中に誘惑的な魅力を秘めた顔立ちは、確かに、あのカルティエのパンテールだった。

狂騒ムードに包まれたこの時代、女性たちは新たなアイコンの誕生に夢中になった。そして伝説が再びよみがえったのは、2017年のこと。「パンテール ドゥ カルティエ」がまたもや彗星のように姿を現したのだ。一段とブラッシュアップされ、この上なくしなやかで、この上なくスタイリッシュなブレスレットウォッチとなって。

映画監督ソフィア・コッポラは、女優コートニー・イートンを主役にしてこの時計のショートムービーを撮影。そこで繰り広げられたのは、エレガントでシック、そしてグラマラスで陽気な「パンテール ウーマン」の世界だった。

時代が移ろえど、女性はパンテールさながらに研ぎ澄まされた嗅覚、俊敏な感性を持つ。このウォッチの抗いがたいフェミニティは、時を超えて未来に伝えられてゆくに違いない。

パンテール ドゥ カルティエ ウォッチ SM

1980年代の陽気でエネルギッシュな時代のムードを反映して生まれた名作コレクション。昨年、ディテールをブラッシュアップして再びよみがえり、大きな話題となったことは記憶に新しい。ブルーサファイアカボションのリュウズ、ブルースティールの剣型針、ローマンインデックス、レイルウェイと呼ばれる分目盛りなど、カルティエの時計のデザインコードを完璧に備える。ブレスレットは手首に沿うしなやかな仕立てで、ジュエリーのような感覚で身につけることが可能。ひと目でこのメゾンの時計とわかるアイコニックな秀作だ。3気圧防水。クォーツ。ケースサイズ30×22mm。YGケース。221万4000円。カルティエ カスタマー サービスセンター 問0120-301-757

Photographs:Hisashi Wadano Text:Keiko Homma

2018年3月「HORLOGERIE]本誌より引用(転載)

関連記事

  1. LUXURY RESORT STAY IN OKINAWA 極上リゾートヴィラに持っていくべき、 最…

  2. PATEK PHILIPPE ブランドが誇るワールドタイム機構に、クロノグラフを載せた高度な合わせ技…

  3. Flora HOMME Vol.22

  4. GRAND SEIKO 純白のダイヤルと スプリングドライブが 秋の気分を軽やかにする

  5. 祝!新元号 『令和』に最初に買うべき 腕時計この3本。

  6. Brand File Vol.11

  7. PATEK PHILIPPE 名門の技術と伝統が結晶した 永久カレンダーウォッチの傑作

  8. de GRISOGONO ガルーシャストラップの大いなる先駆け

人気記事

最近の記事

PAGE TOP