注目の記事 PICK UP!

アートと時計の密なる関係 Watches as An Art

日本人の美に対する思い入れは非常に強い。広義のミュージアムには年間3億人近くが訪れ、米画家ジャンミシェル・バスキアの無題の肖像画は日本人によって約123億円で落札された。腕時計は実用的かつ工芸的でありながら心を揺さぶる美を湛えているという点でアートと共通している。そして時間という抽象的な概念を様々な解釈によって表現する腕時計もまたアートといえる。今号ではアート作品とともにアートとしての時計をご紹介する。

PATEK PHILIPPE

クロノグラフ Ref.5170

パテック フィリップの自社開発クロノグラフムーブメントを搭載する、艶やかなブラック文字盤の手巻きクロノグラフ。ラウンド型のカラトラバケースに角型プッシュボタンのデザインは、オークションでも人気な1940年〜1950年代の同社のクロノグラフがモチーフとなっている。ケースバックにはカバー付きのコラムホイールなど古典的な美観はそのままに、最新鋭の手巻きクロノグラフキャリバーが堪能できる。3気圧防水。自動巻き。18KRGケース。ケース径39.4㎜。954万7200円。アワーグラス銀座店 問03-5537-7888

HUBLOT

ビッグ・バンフェラーリ チタニウム(左)

2011年からフェラーリとのパートナーシップを締結しているウブロ。今年はフェラーリ70周年であり、コラボモデルも充実。このモデルは3時位置の60分積算計と日付表示が車のタコメーターのようになっているのが特徴で、6時位置には控えめなシルバーの跳ね馬を配している。ウブロの自社開発製造のムーブメント、ウニコの象徴でもある文字盤側のコラムホイールが跳ね馬ロゴのすぐ下に鎮座し、フェラーリとの濃密な関係性が感じられる。世界限定1000本。自動巻き。Tiケース。ケース径45㎜。300万2400円。ウブロ 問03-3263-9566

PANERAI

ルミノール マリーナ 1950 3DAYS オートマティック アッチャイオ-42mm(右)

カーフストラップが一般的なパネライに、メタルブレスレットモデルが登場。コマはパネライを象徴するリューズプロテクターを象った形をしており、ポリッシュとサテンのパーツを組み合わせて高級感を演出する。ダイヤルはスモールセコンドのシンプルなデザインだけに、メタルブレスの存在感がアップ。ムーブメントには時針だけで1時間ずつ前後にジャンプさせて操作できる完全自社製自動巻きキャリバーのP.9010を搭載する。自動巻き。SSケース。ケース径42㎜。92万8800円。オフィチーネ パネライ 問0120-18-7110

Fernando Botero

太い手

コロンビアの画家・彫刻家のフェルナンド・ボテロは、人間や動物を誇張されたふくよかな体型で表現することで注目されるようになった。この『太い手』もそのひとつで、理由もなく引き付けられるのは、色や形といった最も根本的な感性を直感的に美として捉えているからである。

IWC

ポートフィノ・ハンドワインド・ムーンフェイズ(左)

IWCの中ではクラシカルなラインに位置するポートフィノ。初代ポートフィノが備えていたムーンフェイズを追加搭載することでよりクラシカルなスタイルとなった。外周ギリギリに配置することで、時針が重ならず、月の満ち欠けを楽しめるレイアウトに。8日間パワーリザーブなので、1週間は持ち、実用性も高いモデルだ。手巻き。SSケース。ケース径45㎜。145万8000円。IWC 問0120-05-1868

JAEGER=LECOULTRE

レベルソ・トリビュート・デュオ(右)

トリビュートコレクションとは、1931年に誕生したオリジナルをオマージュしたもので、そのスピリットはバーインデックスに現れている。表にグレイン仕上げの白文字盤と、裏にはデイ/ナイト表示を備えるディープブルーの第2時間帯を備えるダブルフェイスモデル。アールデコスタイルの洗練されたデザインは今なお色褪せない。手巻き。SSケース。ケースサイズ42.9×25.5㎜。129万6000円。ジャガー・ルクルト 問0120-79-1833

Composition with Red, Blue and Yellow, 1930

ピエト・モンドリアンは「ネオプラスチック絵画」と呼ばれる独自のスタイルを通して、フォルムと色を徹底的に単純化して物事の本質を明らかにしようとした。この作品はキャンバスの形に沿った直線と角度により絵を描くという格子構造のスタイルの代表作となった。

ZENITH

デファイ エル・プリメロ 21(左)

毎時3万6000振動の時計表示用と、毎時36万振動のクロノグラフ用の2つのメカニズムをオープンダイヤルに搭載。センターのクロノグラフ秒針は「ジーーー」という機械的な音を立てながら1秒で1回転し、1/100秒単位の計測が可能となった。ハイビート実現のために新素材のひげゼンマイを採用。自動巻き。セラミックケース。ケース径44㎜。135万円。LVMH ウォッチ・ジュエリー ジャパン ゼニス 問03-5524-6420

TAG HEUER

タグ・ホイヤー カレラ キャリバー ホイヤー01 クロノグラフ フルセラミックマット(右)

自社製キャリバーを搭載したアイコンに、ケースから、ベゼル、ブレスレットまで外装全体にマットブラックのセラミックを採用したインパクトのあるモデル。H型のコマのひとつまでセラミックにして徹底した作り込みを追求した。オープンダイヤルは奥行きを与え、視認性もしっかり確保。自動巻き。セラミックケース&ブレスレット。ケース径45㎜。71万8200円。LVMH ウォッチ・ジュエリー ジャパン タグ・ホイヤー 問03-5635-7054

Alberto Giacometti

輪を押す男子

アルベルト・ジャコメッティはスイス出身の彫刻家。作風は針金のように極端に細く、長く引き伸ばされた人物彫刻が特徴で、サルトルは人間の実現を表現したものと高く評価した。この作品は何気ない日常のワンシーンを視覚的な効果をとらえ、ジャコメッティの特徴が出た作品。

AUDEMARS PIGUET

ロイヤル オーク・クロノグラフ

ロイヤル オークシリーズのクロノグラフ20周年を迎え、デザインを一新。これまでサブダイヤルの大きさは均一だったが、3時と9時の位置の積算計を大型化し、6時位置のスモールセコンドを小さくして、メリハリをつけた。シルバーの「グランド・タペストリー」にブラックのサブダイヤルでコントラストを効かせている。自動巻き。SSケース。ケース径41㎜。259万2000円。オーデマ ピゲ ジャパン 問03-6830-0000

Pablo Picasso

裸婦

20世紀最大の芸術家と称されるパブロ・ピカソは絵画だけでなく、彫刻や版画でも才能を発揮した。創作活動には女性の存在が不可欠で、付き合う女性ごとに作風が変化した。そのため裸婦は題材となることが多く、この彫像も女性からインスピレーションを受けている。

BREGUET

クラシック 7147(上)

純白でしっとりとした質感を持つエナメル文字盤ウォッチ。このエナメルはガラス質の釉薬を金属板に塗り、約800度の高温で焼成した「グラン・フー エナメル」。低温エナメルと比べ、歩留まりが悪いが美しさは格別の仕上がりとなる。ダイヤルにはプリントされたブレゲ数字インデックスにブルーのブレゲ針を合わせ、エクボのように窪んだスモールセコンドが控えめな上品さを漂わす。自動巻き。18KWGケース。ケース径40㎜。251万6400円。ブレゲ 問03-6254-7211

OMEGA

スピードマスター レーシング マスター クロノメーター(下)

世界で初めてベゼルにタキメーターを採用するなど、もともとモータースポーツ用にデザインされたスピードマスターへのオマージュ。ダイヤル外周に特徴的なジグザクのミニッツトラックデザインを復活させて、視認性を高めた。グレーダイヤルにゴールドベゼルがアクセントとなり、華やかさをアップさせている。自動巻き。SS×18Kセドナゴールドケース。ケース径44.25㎜。128万5200円。オメガお客様センター 問03-5952-4400

仮面

シュルレアリズム(超現実主義)という芸術運動に加わり、幻想的で非合理的な絵画が有名なサルバドール・ダリ。変人としても有名で奇行に走ることで「ダリ」を演じていた。この『仮面』は本当の自分は別にいて、何かを隠していることを暗示するような作品だ。

ORIS

アートリエ キャリバー113

10日間パワーリザーブを誇る自社開発ムーブメントだが、もともとあった日付表示に曜日、月、週表示を追加した新モデルが登場。3時位置には10日間のパワーリザーブインジケーターを配し、12時位置には曜日表示をレイアウト。これらの4つのカレンダーはリューズだけで調整可能となっている。手巻き。SSケース。ケース径43㎜。76万6800円。ユーロパッション 問03-5295-0411

ean-Michel Basquiat

無題

1980年代のアートシーンを席巻したジャン=ミシェル・バスキアは、落書きのようなグラフィティー・アートで活躍。「外側VS内側」といった二分法に焦点をあて、テキストとイメージを折り交ぜて抽象的または具象的に描くのが特徴。ドクロを力強く描くモチーフが多い。

BELL & ROSS

BR 03-92 ブラック カモ(左)

ミリタリーにルーツを持つ同社らしいブラック&グレーのカモフラージュ柄のデザイン。カモフラージュ柄だからと言って視認性が悪いわけでなく、サンドイッチ構造のインデックスが暗所では発光し、視認性も確保。ケースはブラックマット セミラックを採用して精悍な印象に。自動巻き。セラミックケース。ケースサイズ42×42㎜。56万1600円。オールブルー 問03-5977-7759

CUERVO Y SOBRINOS

ヒストリアドール オラス デル ムンド(右)

スペイン語でワールドタイムを意味する“オラス デル ムンド”は、ダイヤルに世界の主要な25都市が表示され、現地時間の設定でそれぞれの地域を同期させることができる。同社のルーツであるキューバには赤線入りでメキシコと並び表記。ダイヤル中央には精巧なグリルが施され、ムーブメントを見ることができる。自動巻き。SSケース。ケース径44㎜。66万9600円。ムラキ 問03-3273-0321

Photographs:Takeshi Hoshi

2017年11月「HORLOGERIE]本誌より引用(転載)

関連記事

  1. Cover Story 上昇志向で輝く女性を 満足させる理由

  2. HG TOPICS Vol.20

  3. VACHERON CONSTANTIN 世界を旅する人のための 優雅なスポーツウォッチ

  4. CARTIER メンズウォッチの不朽の名作が 新技術の搭載でさらに快適に。

  5. HG TOPICS Vol.19

  6. CARTIER 100年前の意匠を忠実に継承するタンクの原点モデル

  7. エレガントな表情にファンも増加中! 時計好きはなぜ エナメルダイヤルに 惹かれるのか?

  8. A.LANGE&SÖHNE 空の色で昼夜を表示する画期的なムーンフェイズ機能を搭載。

人気記事

最近の記事

PAGE TOP