注目の記事 PICK UP!

HG TOPICS Vol.18

RICHARD MILLE

世界陸上で大注目! アスリートの腕に巻かれた時計

8月4日から13日までロンドンで開催された陸上競技の最高峰「2017年世界陸上競技選手権大会」。この大会で輝かしい成果を残した時計ブランドがあった。2人の選手の腕に巻かれ、揃ってゴールドメダルを獲得したリシャール・ミルだ。

腕に巻いたひとりは、男子走り高跳び、カタール代表で2m35cmを跳んだムタズ・エサ・バルシム選手。そしてもうひとりが、男子400mの南アフリカ代表、43秒98でロンドン・オリンピックスタジアムのトラックを駆け抜けたウエイド・バンニーキルク選手。

彼らが着用した超薄型トノーモデルの「RM 67-02」は、“アスリートの第2の皮膚になるような腕時計”というコンセプトの下、ケース構造を強化。さらに新型ストラップで最高の装着感、ブランドの自動巻き腕時計史上最軽量の総重量32グラムを実現した。

これまでF1やテニスやゴルフなどで伝説を生んできたが、世界陸上でもリシャール・ミルを着けると勝てるという伝説が更新された。


「RM 67-02 オートマティック ウエイド・バンニーキルク」。400mの世界記録保持者で世界陸上では400mで金メダル、200mでも銀メダルを獲得した「短距離界の超人」。母国・南アフリカのグリーン&イエローのカラーが印象的。自動巻き。ケースサイズ47.52×38.7mm。グリーンコンフォートストラップ。50m防水。1501万2000円。

RM 67-02 オートマティック ムタズ・エサ・バルシム ハイジャンプ」。カタールカラーのディープホワイト&レッドのベゼルが印象的な超薄型スケルトンモデル。ケース素材はカーボンTPTでローターもカーボンTPT&ホワイトゴールド製。自動巻き。ケースサイズ47.52×38.7mm。ホワイトコンフォートストラップ。50m防水。15012000円。

TAG HEUER

復刻モデルを牽引. 伝説モデルが一堂に集合!

去の傑作を現代の技術で再現した復刻モデルは、時計が好きになった人にまずオススメしたいもののひとつ。過去の膨大なモデルの中から厳選・復刻されるだけに、どのモデルにもブランドのヘリテージ(歴史と遺産)が凝縮され、その魅力のエッセンスを間違いなく楽しむことができるからだ。

そのため、一流ブランドは過去の製品の収集と保存に力を入れ、復刻モデルを積極的に展開している。例えば、タグ・ホイヤーは今年の新作に1960年代の名作「オウタヴィア」を復刻させるなど、アーカイブの掘り下げに余念がない。

(上)1970年にスティーブ・マックイーンが映画「栄光のル・マン」で着用した「モナコ」のオリジナルモデル。左リューズで搭載ムーブメントは世界初の自動巻きクロノグラフムーブメント「キャリバー11(クロノマチック)。(下)1964年製の「カレラ」ファーストモデル。

Text:Yasuhito Shibuya

2017年9月「HORLOGERIE]本誌より引用(転載)

関連記事

  1. RIDING ON THE BIZJET

  2. HG TOPICS Vol.20

  3. 時計と白の造形美 SCULPTURES AND WATCHES

  4. de GRISOGONO ガルーシャストラップの大いなる先駆け

  5. AUDEMARS PIGUET オーデマ ピゲ 八角形に引きこまれる魔力

  6. de GRISOGONO トップジュエラーが生み出す、エキセントリックな風貌

  7. HG TOPICS Vol.16

  8. CARTIER アートのような視覚効果に酔いしれる

人気記事

最近の記事

PAGE TOP