注目の記事 PICK UP!

LUXURY RESORT STAY IN OKINAWA 極上リゾートヴィラに持っていくべき、 最旬のラグジュアリースポーツウォッチ。

緩やかな時間の流れと非日常空間が交差する南国リゾート。紺碧の空に、エメラルドグリーンの海、色の凝縮された植物であふれた、楽園と呼ぶにふさわしい条件が揃っている。そんなリゾートシーンでは島時間に身を委ねて、日常を忘れるデジタルデトックスが基本だ。

そこでバカンスの頼りになる相棒となるのが、ラグジュアリースポーツウォッチ。リラックス感がありながら、ドレスコードのあるレストランでも品格を保ち、マリンアクティビティを一緒に楽しめるタフさも持ち合わせるからだ。

沖縄本島の極上リゾートヴィラを舞台に、最旬のラグジュアリースポーツウォッチをご紹介する。

レセプションを抜けると、沖縄・宇座の海と空に溶け込むようなアウトドアプールが広がる。この開放感がリゾートライフの始まりの合図だ。

AUDEMARS PIGUET

ロイヤル オーク オフショア・ダイバー (左)

クロノグラフ非搭載のファンキーなイエローモデルは、リゾートシーンにマッチするカラーリング。回転インナーベゼルは12時位置から3時位置までのゾーンにスケールが施されたダイビング仕様に。通常ロイヤル オークのダイヤルは「グランドタペストリー」だが、オフショアダイバーでは、やや大ぶりの「メガ・タペストリー」を施し、視認性を高めている。30気圧防水。自動巻き。SSケース。ケース径42㎜。216万円。オーデマ ピゲ ジャパン 問03-6830-0000

CARTIER

カリブル ドゥ カルティエ ダイバー (中央)

ブラックスタイルで精悍さが増したカルティエの本格ダイバーズ。ケースにブラックダイヤモンドADLCカーボンコーティングを施して耐久性と耐傷性を高め、カルティエらしいデザインコードは残してエレガントに仕上げた。逆回転防止ベゼルのインジケーターにはスーパールミノバが塗布し、高い視認性を発揮する。自社製の1904MCを搭載。300m防水。自動巻き。SSケース。ケース径42㎜。99万3600円。カルティエ カスタマー サービスセンター 問0120-301-757

VACHERON CONSTANTIN

オーヴァーシーズ・クロノグラフ (右)

ラグジュアリースポーツウォッチの一角を担うこのモデルは、ジュネーブ・シールも取得する正統派。力強くかつ独特なベゼルを持ち、クロノグラフの要であるコラムホイールにも同じモチーフを採用。ブレスレットのほかに、ワンタッチで交換できるラバーブレス、レザーストラップもあるので、シーンによって付け替えることが可能だ。15気圧防水。自動巻き。SSケース。ケース径42.5㎜。342万9000円。ヴァシュロン・コンスタンタン 問0120-63-1755

テラスでゆっくりもいいけれど、せっかくだからプライベートビーチで乾杯。ウミガメも産卵に来るビーチの潮騒に耳を傾ける。

TAG HEUER

アクアレーサー

プロ仕様の本格ダイバーズウォッチでありながら、スマートで品のあるデザインが特徴のアクアレーサー。文字盤はブルーのサンレイ加工で仕上げられ、ブルーのアルミニウム製ベゼルと組み合わせがビーチとマッチしたスタイル。植字のインデックスや針には夜光塗料が施され、スマートでありながら、シンプルで飽きが来ない1本だ。300m防水。クオーツ。SSケース。ケース径43㎜。19万4400円。LVMHウォッチ・ジュエリー ジャパン タグ・ホイヤー 問03-5635-7054

コンシェルジュサービスで、リゾートライフは思いのまま。バカンスモードへ突入。腕時計は切り替えスイッチだ。

GRAND SEIKO

ブラックセラミックス コレクション スプリングドライブ クロノグラフ GMT (左)

ケースとブレスレットの素材に、セラミックスとブライトチタンを組み合わせたハイブリッド構造を採用。耐傷性を持ちながら軽量さを実現し、大ぶりなケースのわりに快適な装着感を持つスポーティな1本に仕上がった。インナーケースにはブライトチタンを採用して防水性能を高めている。24時間表示のGMT機能やクロノグラフも備えるので、ビジネスシーンでも活躍しそうだ。10気圧防水。スプリングドライブ。セラミックス×ブライトチタンケース。ケース径46.4㎜。167万4000円。グランドセイコー専用ダイヤル 問0120-302-617

EDOX

クロノオフショア1 クロノグラフ オートマチック (右)

シリーズでは初めてブルーセラミックベゼルを搭載したモデルが登場。カーボンパターンのダイヤルやクロコダイルストラップまでブルーに統一し、深く美しい海を思わせるスポーティなスタイリング。プロダイバー仕様のオートヘリウムエスケープバルブ機能を備えながら、ゴールドPVD加工したケースがラグジュアリーな印象を演出してくれる。自動巻き。ゴールドPVD加工SSケース。ケース径45㎜。44万2800円。GMインターナショナル 問03-5828-9080

全室プールを備えるヴィラタイプのゲストルーム。海外リゾートにいるような錯覚に陥る。

OMEGA

シーマスター プラネットオーシャン ディープブラック (上)

水深5mに達すると最初に赤い色が見えなくなり、水深300mを超えると、海がブラック一色になるという世界観を表現したコレクションのモデル。それでも視認性は夜光塗料でしっかり確保される。ケースはセラミック製かつシースルーのケースバックを採用しながら、600m防水を実現している。高い耐磁性と高精度の証であるマスター クロノメーター認定モデル。GMT機能もあり、第2時間帯を示す赤い針が、デザインのアクセントとなっている。自動巻き。ブラックセラミックケース。ケース径45.5㎜。135万円。オメガお客様センター 問03-5952-4400

ZENITH

クロノマスター エル・プリメロ スケルトン (下)

ダイヤルスケルトン仕様になったアヴァンギャルドなモデル。ダイヤルに奥行きが生まれ、デイト表示のディスクが立体的なデザインの一部となっている。エル・プリメロ初号機を思わせる3色のインダイヤルを配置し、エル・プリメロのエッジィさとクラシック感が同時に味わえる1本だ。パンチングラバーストラップと合わせてスポーティ感をアップさせた。自動巻き。SSケース。ケース径45㎜。88万5600円。LVMHウォッチ・ジュエリー ジャパン ゼニス 問03-5524-6420

昼間はTシャツに、ビーチサンダルでも、バータイムには、ジャケットと信頼できる時計を身に着けたい。それがリゾートで島時間を楽しむマナーだ。

ORIS

スタグホーン レストレーション リミテッドエディション

珊瑚礁保護の援助活動団体とコラボしたダイバーズモデル。デイ&デイト表示が特徴となっており、ダイヤル中央部にサークル上に配置されたオレンジの小窓で曜日を表示する。ベゼルのブラックセラミックと、ダイヤルのダークブルーのコントラストがシックなバーラウンジによく似合う。ケースバックには珊瑚がエンボス加工されている。限定2000本。300m防水。自動巻き。SSケース。ケース径43.5㎜。ユーロパッション 問03-5295-0411

沖縄の伝統文化とありのままの自然とが調和したホテル内。特別な空間も、もてなしのひとつだ。

BELL & ROSS

BR 03-92 ダイバー (左)

アイコニックな「BR03 」を用いたダイバーズモデル。防水性能が難しいスクエアケースを採用しながら、ガラスの厚みを2.85cmにすることで、300m防水まで高めた。ベゼルはアルミニウム製の逆回転防止で、ベル&ロスらしい耐磁性能とリューズガードまで備えたプロフェッショナル仕様となっている。リゾートで時計がよく目立つので、このくらいインパクトのある時計がぴったりだ。自動巻き。SSケース。ケースサイズ42㎜。48万6000円。オールブルー 問03-5977-7759

CUERVO Y SOBRINOS

ヒストリアドール ティラ ソル マル (右)

無数の色彩に埋め尽くされた都市であるキューバから着想された新作がこちら。オレンジのトロピカルカラーダイヤルは、太陽の下でこそ映えるが、カジュアルだが細かいサテン仕上げになっているため、ドレッシーな一面も持つ。デザインはスモールセコンドにバーインデックスのクラシックなスタイルなので、リゾートのパーティシーンやディナータイムでも活躍するだろう。自動巻き。SSケース。ケース径40㎜。39万9600円。ムラキ 問03-3273-0321

残波岬は、沖縄本島の中でも最も長く夕日が沈むのが見られる絶景スポット。自然のままの海岸線にタフな時計と夕日がよく映える。

PANERAI

ルミノール サブマーシブル 1950 カーボテックTM スリーデイズ オートマティック-47mm

ケースにカーボンファイバーをベースとする複合素材のカーボテックを採用。ケースに浮かんだ独特の波打つ模様が特長で、チタンよりも軽量で高度が高く、衝撃にも強い。それでいてケースは1940年代後半に特殊潜水部隊工作員のために開発されたモデルをベースにしているので、パネライの歴史と最新を同時に味わえる1本となっている。300m防水。自動巻き。カーボテックケース。ケース径47㎜。193万3200円。オフィチーネ パネライ 問0120-18-7110

Photographs : Takeshi Hoshi Coorperation:The Uza Terrace BEACH CLUB VILLAS

2017年6月「HORLOGERIE]本誌より引用(転載)

関連記事

  1. ペアウォッチをさらに特別に!

  2. HUBLOT 素材と最先端メカ、ウブロの2つの魅力を凝縮

  3. Flora HOMME Vol.22

  4. HG TOPICS Vol.19

  5. クリーンな海を存続させるための 社会貢献モデル3選

  6. 名作チェアと最新ウォッチの共演 The Magic of Chairs and Watches

  7. ステアリングを握る仕草もサマになる!? サマードライブの“相棒”に、 自動車メーカーとのコラボ時計を…

  8. Flora HOMME Vol.19

人気記事

最近の記事

PAGE TOP