注目の記事 PICK UP!

今、技術で差がつくは、トゥールビヨンより “薄型”ケース

建築家ミース・ファン・デル・ローエは、「LESS IS MORE」という言葉を残した。“少ないことはよいことである”という考え方は、時計業界にも通じる。シンプルであるほど誤魔化しは効かず、全てに高いレベルが求められるからだ。それゆえ薄型ウォッチは、技術と美しさの両面で極上の価値を持っているのである。

ここ数年で、比較的手の届きやすい価格の複雑時計が増えてきた。これは優れたベースムーブメントを使い、そこに付加機構を組み込んでいく“モジュール方式”を採用しているから。

精度が高く、トルクも強いムーブメントを使う為、開発はスムーズに進むし、スペックを熟知しているので信頼性も高いというメリットもある。その結果、複雑機構のモジュール化も進み、トゥールビヨンや永久カレンダーさえも、比較的作りやすくなっているのだ。

しかしその一方で、技術を磨かなければ到達できないのが薄型ウォッチだ。どれだけシンプルな構造にしたとしても、脱進機や歯車など100以上のパーツが必要であり、それを場合によっては硬貨サイズに収めてしまうのだから、その技術は驚異的。

薄型ムーブメントを作るためには、設計、パーツ加工、組み立ての全てが最高レベルでなくてはいけないため、実力派マニュファクチュールの象徴となっている。薄型化のための技術は、ブランドによって個性が現れる。

薄型設計に適した手巻き式ムーブメントにこだわるブランドもあれば、実用性を意識してムーブメントのブリッジに回転錘を埋め込むマイクロローター式を取り入れる場合もある。持続時間や精度も妥協せず、さらには薄型の複雑機構を搭載するモデルも増えてきた。

薄型ウォッチは薄さだけを競うのではなく、時計技術の多様性を誇るジャンルなのだ。ではユーザーにとって、薄型ウォッチは何かメリットがあるのだろうか?それは一も二もなく、エレガントな着こなしが完成するということだ。

薄いケースはシャツの袖口に引っかかることがないので、スーツであれ、ジャケパンであれ、はたまたタキシードであっても、時計が邪魔になることはない。時計技術を楽しめ、しかもファッション的なメリットもある薄型ウォッチは、時計にこだわる洒落者ほど注目しているジャンルなのである。

ケース厚 8.2mm

PARMIGIANI FLEURIER
トンダ1950

特徴的なラグを持つドレスウォッチ。マイクロローター式の自社ムーブメントCal.PF702を搭載し、ケース厚は8.2㎜に抑えた。しかも回転錘の素材をタングステンに変更し、ケース素材をステンレススティールにして、手にしやすい価格に。自動巻き、SSケース、ケース径40㎜。108万円。パルミジャーニ・フルリエ・ジャパン問03-5413-5745

ケース厚 7.58mm

JAEGER-LECOULTRE
マスター・ウルトラスリム スモールセコンド

センターローター式ながら厚みを3.98㎜に抑えた自社製ムーブメントCal.896/1を搭載。ケースは薄く、デザインも端正だが、トレンドカラーであるネイビーのダイヤルを取り入れ、ケース径も40㎜と若干大きめなのでモダンな雰囲気を持っている。自動巻き、SSケース、ケース径40㎜。83万1600円。ジャガー・ルクルト問0120-79-1833

2017年6月「HORLOGERIE]本誌より引用(転載)

関連記事

  1. CARTIER 100年前の意匠を忠実に継承するタンクの原点モデル

  2. 強さは美しさ。 日本がたどり着いた伝統美 -G-SHOCK MR-G-

  3. 名作チェアと最新ウォッチの共演 The Magic of Chairs and Watches

  4. IWC クルマとの関係を強化する新“インヂュ二ア”登場!

  5. HARRY WINSTON キング・オブ・ダイヤモンドの美意識を 確かに受け継いだシンプルな顔立ち

  6. Japanese Artistic Time in Autumn

  7. HG TOPICS Vol.16

  8. Flower World Vol.7

人気記事

最近の記事

PAGE TOP