注目の記事 PICK UP!

最薄ケースレース

技術力のアピールになる薄型ウォッチは、日進月歩で開発競争が進んでいるジャンル。設計や加工などで限界に挑戦することで得たノウハウは、通常モデルへのフィードバックができるため、ブランド側も力を入れてるのだ。現状はピアジェとブルガリのマッチレースになっている。現行モデルでの薄型ケースラインナップはこれだ。

手巻き
JAEGER-LECOULTRE マスター・ウルトラスリム・スケルトン
ケース厚3.6mm

自動巻
BVLGARI オクト フィニッシモ オートマティック
ケース厚5.15mm

光発電式クオーツ
CITIZEN エコ・ドライブ ワン
ケース厚2.98mm

クロノグラフ(手巻き+フライバック)
PIAGET アルティプラノ クロノグラフ
ケース厚8.24mm

トゥールビヨン
BVLGARI オクト フィニッシモ トゥールビヨン
ケース厚5mm

ミニッツリピーター
BVLGARI オクト フィ二ッシモ ミニッツリピーター
ケース厚6.85mm

ケース厚 6.6mm

CARTIER
ドライブ ドゥ カルティエ エクストラフラット ウォッチ

男性専用コレクション「ドライブ ドゥ カルティエ」の新展開。手巻きのCal.430 MCを搭載し、ケースの厚みは6.6㎜。カレンダーも秒針もない端正なデザインは、特別な時間を楽しむのに最適。手巻き、18KPGケース、ケースサイズ38×39㎜。172万8000円。カルティエ カスタマー サービスセンター問0120-301-757

ケース厚 5.64mm

PIAGET
アルティプラノ 60周年コレクション

極薄ムーブメントの金字塔であるCal.9Pの誕生から60周年を記念し、当時のロゴや色を再現した。1960年に誕生した自動巻き式Cal.12Pの流れを汲むCal.1200Pは、厚みが2.35㎜しかない。世界限定360本。自動巻き、18KWGケース、ケース径43㎜。288万9000円。 ピアジェ コンタクトセンター問0120-73-1874

ケース厚 9.5mm

FRANCK MULLER
ヴァンガードTM スリム

ブランド発足25周年を迎えたフランク ミュラーが、次なるアイコンにすべく力を入れるのが、モダンデザインの「ヴァンガード」。優雅にカーブする柔らかなフォルムでありながら、ケースは薄くてエレガント。自動巻き、SSケース、ケース縦53.7×横44㎜。価格未定。フランク ミュラー問03-3549-1949

ケース厚 8.1mm

AUDEMARS PIGUET
ロイヤル オーク・エクストラシン

1972年に生まれた初代モデルと同じく、超薄型の自動巻きムーブンメントCal.2121を搭載して超薄型ケースを実現。存在感のある8角径ベゼルはそのままだが、ケースの厚みは8.1㎜しかない。鮮やかな配色も人気。自動巻き、18KYGケース、ケース径39㎜。594万円。オーデマ ピゲ ジャパン問03-6830-0000

ケース厚 5mm

BVLGARI
オクト フィニッシモ トゥールビヨン スケルトン

2014年に発表された“世界で最も薄いトゥールビヨン”をベースに、徹底的なスケルトン加工を施した。ハイレベルな時計技術を極限まで見せるだけでなく、ケースのファセット加工など、全てが美しい。世界限定50本。手巻き、PTケース、ケース径40㎜。 ブルガリ ジャパン問03-6362-0100

ケース厚 5.95mm

BAUME&MERCIER
クラシマ

二針+カレンダーというシンプルな構成のクオーツ式ドレスウォッチ。リーフ針やインデックスの端正なデザインには、1830年に創業したスイス屈指の老舗らしい知性が宿る。秒針がないため、ゆっくりと時間が流れていく優雅さがある。クオーツ、SSケース、ケース径40㎜。11万3400円。ボーム&メルシエ問03-4461-8030

2017年6月「HORLOGERIE]本誌より引用(転載)

関連記事

  1. カレンダー機構のメカニズム

  2. The Modern CHASHITSU モダン茶室と 最旬ウォッチ

  3. Frola HOMME Vol.19

  4. de GRISOGONO トップジュエラーが生み出す、エキセントリックな風貌

  5. GRAND SEIKO 純白のダイヤルと スプリングドライブが 秋の気分を軽やかにする

  6. Frola HOMME Vol.23

  7. 閏年の東京五輪までに手に入れたい 暦のひずみに挑む カレンダーウォッチこそ 機械式の王道だ!

  8. LUXURY RESORT STAY IN OKINAWA 極上リゾートヴィラに持っていくべき、 最…

人気記事

最近の記事

人気記事

PAGE TOP