注目の記事 PICK UP!

時計と白の造形美 SCULPTURES AND WATCHES


ドイツの哲学者ヘーゲルは彫刻を、建築に次ぐ第2芸術として位置付けた。その後、絵画、音楽、詩と順に続くが、現在では第7芸術に映画、第9芸術にマンガまで挙げられる。腕時計も何番目かの芸術として声が挙がってもおかしくない。

時間の概念はライフスタイルとともに変化してきた大衆性を持ち、時計の造形美はアートそのものだからである。本号は石膏彫刻を用いながら、腕時計のアート性を引き出す特集だ。

PATEK PHILIPPE

永久カレンダー Ref.5327

パテック フィリップが得意とする永久カレンダー機構を搭載した新作。Ref.5140の後継機として、同じ薄型の自動巻きキャリバー240 Qを搭載しながら、2ミリほどケース径をサイズアップ。インデックスにブレゲ数字を採用したのが新作の最大の特徴で、ラッカー塗装されたアイボリーカラーによく映える。ラグの側面には繊細な掘り込みを入れており、エレガントなサイドビューを演出する。自動巻き。18KRGケース。ケース径39mm。アワーグラス銀座店 問03-5537-7888

 

RICHARD MILLE

RM 029 ジャパン ブルー

4時位置に配置されたビッグデイト表示が特徴のRM 029から、日本限定第3弾が登場。ベゼル&ケースバックをカーボンTPT™にし、インナーベゼルにはネイビーブルーとホワイトを配色した。ケースの波状の模様は、カーボンの繊維層がいくつも重なった状態であり、この独特な風合いが驚異的な強度を生み出している。自動巻き。カーボンTPT™×Tiケース。ケースサイズ48×39.7mm。リシャールミルジャパン 問03-5807-8162

 

A.LANGE & SÖHNE

サクソニア・ムーンフェイズ

12時位置にアウトサイズデイトと6時位置に高精度ムーンフェイズの同社の看板である2つの機構を搭載。ムーンフェイズは7つの歯車からなる輪列によって、新月から次の新月までの期間を99.998%の精度で再現し、122.6年で1日分の誤差という超高精度を誇る。ムーンフェイズディスクには、852個の星が緻密に描かれている。自動巻き。18KPGケース。ケース径40mm。A.ランゲ&ゾーネ 問03-4461-8080

 

BREGUET

ヘリテージ 5400

縦にも横にも湾曲したトノーケースとダイヤルを持ち、3層構造になったダイヤルには各層で異なる手彫りギョーシェが施されている。ケースサイドはコインエッジ仕様となっており、全方位にブレゲのデザインコードが見てとれる。それでいて、ひげゼンマイにはシリコン素材を使用するなど、アップデートにも抜かりはない。自動巻き。18KRGケース。サイズ42×35mm。ブレゲ問03-6254-7211

 

PANERAI

オートマティック アッチャイオ-45mm

パネライの薄型ケースは新鮮だ。ルミノール1950ケースより約40%もスリムになった10.7mmの薄さで、ツインバレル搭載の72時間パワーリザーブを実現した。薄型ケースだが、独自のサンドイッチ構造のダイヤルは継承され、腕元をドレッシーに見せるパネライの新たな魅力が加わった。自動巻き。SSケース。ケース径45mm。オフィチーネ パネライ 問0120-18-7110

 

TAG HEUER

カレラ キャリバー ホイヤー01 クロノグラフ グレーファントム(上)

自社キャリバー、ホイヤー01をオープンダイヤルで見せるシリーズから、ケース&ブレスのオールチタンモデルが登場。全体をグレイトーンで仕上げ、メタリックな印象を出しながら、軽量で着け心地に優れた1本。ケースバックからは、赤いコラムホイールやスケルトン加工されたローターが見えるのも、クロノグラフ好きのツボを押さえている。自動巻き。Tiケース。ケース径45mm。 LVMH ウォッチ・ジュエリー ジャパン タグ・ホイヤー 問03-5635-7054

ZENITH

エル・プリメロ レンジローバー スペシャル エディション(下)

同じ1969年に誕生した「エル・プリメロ」と世界初のラグジュアリーオフロード車の「レンジローバー」のコラボモデル。ケースには新型レンジローバーの代名詞といえるアルミボディに倣って、軽量かつ、耐久性を備えたオリジナル素材をケースに採用した。カーフストラップにはパンチングが施され、スポーティに仕上がっている。自動巻き。セラミナイズドアルミニウムケース。ケース径42mm。LVMHウォッチ・ジュエリー ジャパン ゼニス 問03-5524-6420

 

BVLGARI

ブルガリ・ブルガリ

ブランド初のウォッチコレクションとして登場した「ブルガリ・ブルガリ」は、ブランドロゴをベゼルに刻印してアイコン的な存在となった。これはギリシア・ローマの古代コインが持つ皇帝の横顔と外周に刻印されたその名前からインスパイアされたものだ。現行モデルもそのスタイルは継承しつつ、ケースは腕に沿うようにやや湾曲させる。ダイヤルはシンプルながらゴールドのアプライドインデックスや針が普遍的なエレガンスを醸し出す。自動巻き。18KPGケース。ケース径39mm。 ブルガリ ジャパン 問03-6362-0100

 

BELL & ROSS

ヴィンテージ BR 123 アエロナバル(右)

海軍航空部隊オフィサーの制服をモチーフにした鮮やかなブルーダイヤルモデルが登場。針や植字インデックスはゴールドにして、金ボタンや肩章をイメージした。サンレイ仕上げブルーダイヤルは光の具合によって色味が変化し、ゴールドとの華やかなコントラストが美しい。スモールセコンドの横に配置されたデイト表示もさりげない。自動巻き。SSケース。ケース径43mm。オールブルー 問03-5977-7759

CUERVO Y SOBRINOS

ヒストリアドール レトログラード(左)

1940〜1950年代にハバナで製造された同社のオリジナルモデルを再現。特徴的なラグのデザインはもちろん、ダイヤルの豊かなクル・ド・パリ装飾が時計に個性を与えている。クラシックなスタイルを持ちながら、日付、曜日、パワーリザーブをレトログラードで表示し、遊び心を忘れないのが、ラテン気質の同社らしい。自動巻き。18KPGケース。ケース径40mm。ムラキ 問03-3273-0321

 

ORIS

アートリエ クロノメーター デイト

ロングセラーモデルをリデザインした新モデル。ケースをスリムにすることで、ドーム風防からラグまで一体感を実現。ダイヤルのバーリコーンギョーシェ装飾はシルエットをより際立たせ、ドレッシーに進化した。ムーブメントはセリタSW200-1ベースのクロノメーター認定済のキャリバー737を搭載。自動巻き。SSケース。ケース径40mm。ユーロパッション 問03-5295-0411

Photographs : Takeshi Hoshi

2017年3月「HORLOGERIE]本誌より引用(転載)

関連記事

  1. Frola HOMME Vol.19

  2. 祝!新元号 『令和』に最初に買うべき 腕時計この3本。

  3. PLATINUM and BRONZE

  4. HUBLOT 素材と最先端メカ、ウブロの2つの魅力を凝縮

  5. HUBLOT タトゥークリエーターが創造した、幾何学的な美を表現するアートウォッチ

  6. 最薄ケースレース

  7. 閏年の東京五輪までに手に入れたい 暦のひずみに挑む カレンダーウォッチこそ 機械式の王道だ!

  8. AUDEMARS PIGUET 名門の伝統と技術が結晶した永久カレンダーウォッチの傑作

人気記事

最近の記事

人気記事

PAGE TOP