注目の記事 PICK UP!

CARTIER アートのような視覚効果に酔いしれる


時計はときおり、とてもTシャツ的だといったら過激すぎるだろうか。だが記号論としていえば、Tシャツと時計とはよく似ているのだ。服とはある意味、その人の趣味や嗜好性、所属から主義主張までを表現するためのもの。

たとえば、お気に入りのロックバンドをプリントしたTシャツを着れば、ロックが趣味なのだとわかってもらえるのだ。ブランドロゴの格で自分のステイタスを表そうとする人もあれば、社会的なスローガンをプリントしてアピールする人もいる。

その人が属する社会や生き方など、Tシャツでさまざまなことが推し量れてしまう。ファッションの嗜好は遠目でも見てとれるが、時計はぐっと近づかなければ何をつけているかわからない。

だがたいていの場合、それは着ている服以上におしゃべりで、その人のライフスタイルをよく物語る。どんなブランドのどんな時計か近づかなければわからないので、それは不特定多数に向けたものではなく、近しい親密な人への静かなアピールといえるのかもしれない。

いちいち口にしなくても、それを目にした人が想像し、気づいてくれるのだから、時計は大人のコミュニケーション術として有効だ。

カルティエの「イプノーズ」は、端正なローマ数字、ブルースティールの針、クラシックなギョーシェ彫りの文字盤など、ひと目でカルティエとわかるデザインコードが巧みにあしらわれている。イプノーズとは催眠、恍惚、陶酔を表すフランス語。

その名の通り、ケースのフォルムが不思議な渦を巻くようになっていて、まるでトリックアートをながめているかのような甘い幻惑を感じさせる。熟練した手仕事と3D CADのデジタルワークをミックスした、極めてコンテンポラリーな造形が見事だ。

込み入った説明をしなくとも、ただひと目で「自分はカルティエに属する」と伝えてくれる時計。そしてカルティエに属することの恍惚をも味わわせてくれる時計。イプノーズは物静かだが、ときに驚くほど雄弁に主張をしてみせる。

イプノーズ SM

果てしなく続く渦のようなフォルム。この連続性を強調するため、リューズはケース背後に隠されている。クォーツ。18KPGケース+ダイヤモンド。ケースサイズ30×26.2mm。日常生活防水。アリゲーターストラップ。286万2000円。カルティエ カスタマーサービスセンター問0120-301-7

Text _KEIKO HOMMA.
Photographs_HISASHI WADANO.

2016年11月「HORLOGERIE]本誌より引用(転載)

関連記事

  1. Flora HOMME Vol.18

  2. HG TOPICS Vol.17

  3. ヴィンテージの風合いはここをCHECK!

  4. 最薄ケースレース

  5. Flora HOMME Vol.14

  6. HUBLOT ポップアートという革命へのオマージュ

  7. 祝!新元号 『令和』に最初に買うべき 腕時計この3本。

  8. 身に着けるだけでハッピーになる “レインボー”ウォッチ3選

人気記事

最近の記事

人気記事

PAGE TOP