注目の記事 PICK UP!

BASEL WORLD 2018 NEW WATCH FLASH REPORT【PATEK PHILIPPE】


毎年スイスのバーゼルで開催される新作時計の発表会、「BASEL WORLD」。ここから2018年の腕時計のトレンドが発信されるといっても過言ではありません。今年は出展ブランドが減ったものの、トレンドのメインストリームにいるブランドには多くの人があふれかえっていました。オルロジュリー本誌に先駆けて、現地取材で気になった6ブランドをレポートします。

PATEK PHILIPPE

数ある時計ブランドがある中でも、その頂点に君臨するといっても過言ではないパテック フィリップ。メカ、デザイン、歴史、ステータス、アフターサービスなどあらゆる点において最上級だ。それゆえ、新作動向も注目が集まる。今年は珍しくスポーツモデルが充実した年となった。

ノーチラス パーペチュアルカレンダー

まずノーチラスから初の永久カレンダー機構搭載モデル。パテック フィリップは永久カレンダーや年次カレンダーなどカレンダー機構を得意とし、多くのバリエーションを揃えるが、ついにノーチラスにも永久カレンダーにラインナップされた。これからはスポーツウォッチに複雑機構搭載がトレンドになるかもしれない。

アクアノート クロノグラフ

次に20周年を迎えたアクアノートからはクロノグラフ搭載モデルが登場。しかもステンレススティールだ。こちらもスポーツモデルとはいえ、パテック フィリップのなかでオレンジのラバーストラップは新鮮に映る。ムーブメントにはノーチラスでお馴染みのCH28-520Cを搭載し、信頼性も抜群だ。

ゴールデンエリプス

最後にドレッシーなモデルを1本。ゴールデンエリプスは、楕円ケースで縦横の比率が黄金比率になったデザインが特徴。このモデルも今年で誕生から50周年を迎えている。この黄金比率を纏ったフォルムにブラックダイヤルがなんともいえぬ上品さを漂わせる。

関連記事

  1. 地面の感触を感じる事がとても楽しくなり、つい歩きたくなってしまう靴

  2. 【安土忠久さんのへちかんだグラス】

  3. 「長く愛着を持って着れる至高のニット」

  4. 人の想いと美しい物を届ける 米沢織

  5. 「Horlogerie vol.20」表紙の撮影風景

  6. 良質な生地を求めて 〜MLANO UNICA〜

  7. 日本人アーティストの勢いが凄い

  8. BASEL WORLD 2018 NEW WATCH FLASH REPORT【ZENITH】

人気記事

最近の記事

PAGE TOP