注目の記事 PICK UP!

名作チェアと最新ウォッチの共演 The Magic of Chairs and Watches

時計とチェアには、用途は違えど、人を引き付けてやまない機能美を宿している。新しいライフスタイルのきっかけは、そんな両者の美しさがもたらす、ちょっとした目の錯覚からはじまるのかもしれない。

ジャケット8万1000円/バラシャン(バインドピーアール 問03-6416-0441)、ジレ3万6720円/タリアトーレ(トレメッツォTel.03-5464-1158)、シャツ11万8800円/マロ 三崎商事 問03-5775-1211、パンツ2万8080円/バルバッティ グランデ アンド シーオー 問06-6910-0335、靴17万7120円/マロ 三崎商事 問03-5775-1211

PATEK PHILIPPE

年次カレンダー 5205

「どんな複雑な機能も容易に」という哲学のもと、この年次カレンダーにも視認性や使い勝手の良さが詰まっている。1年に1回、3月1日に調整をするだけで翌年の2月まで自動表示をしてくれる便利な機能に加え、ダイヤルはブラック&グレーのツートーンが配され、シックな仕上がりに。ダイヤル上部にはDAY(曜日)、DATE(日付)、MONTH(月)の小窓が弓状に見やすくレイアウトされている。自動巻き。18KWGケース。ケース径40mm。582万円1200円。 アワーグラス 銀座店 問03-5537-7888

CARTIER

ドライブ ドゥ カルティエ SS

メンズウォッチ専用として新たに登場したコレクション。クッション型ケースに独特なダイヤル形状を持つモダンなデザインが最大の特徴だが、ひねりの効いたマシュマロソファと合わせても存在を主張する。それでいて、ローマ数字インデックスやレイルウェイトラックなど繊細なカルティエらしい意匠は備えているので、ダイナミックかつエレガントな腕元を演出できる。自動巻き。SSケース。ケースサイズ41mm×40mm。69万円1200円。 カルティエ カスタマー サービスセンター 問0120-301-757

 

AUDEMARS PIGUET

ロイヤル オーク・オートマティック(左)

ステンレススティールでラグジュアリースポーツという新境地を開拓してきたロイヤル オークに、イエローゴールドという王道かつ古典的な素材を合わせることで、ゴージャス感をプラスした。サテンとポリッシュを組み合わせたベゼルやグランドタペストリーダイヤルなどロイヤル オークらしいデザインコードは生かしつつ、やや小さめの径やゴールドケース×ブルー文字盤で今年らしさを表現している。自動巻き。18KYGケース。ケース径37mm。475万2000円。 オーデマ ピゲ ジャパン 問03-6830-0000

BVLGARI

オクト ウルトラネロ ヴェロチッシモ(右)

110面ものファセットで複雑な造形を持つラグジュアリーなケース、オクトはブルガリの新しい顔として存在感を示している。そんなオクトにDLC加工を施してブラック仕様に仕上げた。ブラックケースだけでなく、文字盤にはブラックラッカーが施され、ウルトラネロ(究極の黒)を纏う。ベゼルをはじめ、針やインデックスはゴールドにすることで、視認性をアップさせるとともに、華やかさもプラスした。自動巻き。SSケース×PGベゼル。ケース径41mm。151万円。ブルガリ ジャパン 問03-6320-0100

A.LANGE & SÖHNE

ダトグラフ・パーペチュアル

名作ダトグラフをベースに永久カレンダーを追加した複雑モデル。技術自慢に陥らず、4時位置にある30分積算計は計測時の誤認を防ぐため特許のプレシジョン・ジャンピング・ミニッツカウンターを施したり、永久カレンダー機構にはリューズを引いた状態でないと10時位置の修正用プッシャーが機能しないなど、ユーザー目線で出来上がった時計だ。手巻き。18KPGケース。ケース径41mm。1483万9200円。 A.ランゲ&ゾーネ 問03-3288-6639

スリーピーススーツ16万2000円、タイ1万6200円、チーフ5400円/すべてハケット ロンドン ハケット ロンドン 銀座 Tel.03-6264-5362)、シャツ5万760円 /ターンブル&アッサー ヴァルカナイズ・ロンドン Tel.03-5464-5255、眼鏡1万9440円/スティーブン アラン ブリンク 問03-5775-7525

ダウンベスト47万5200円、セーター16万8480円、靴19万4400円/すべてマロ、パンツ3万1320円/レアッシュ。すべて三崎商事 問03-5775-1211

OMEGA

シーマスター プラネットオーシャン ディープブラック

バーゼルワールド未発表の精悍なブラックダイバーズが登場。水深300mの漆黒の海を表現したというブラッシュ仕上げのブラックセラミックをケース素材に採用し、ねじ込み式のシースルーケースバックにも同素材が使われている。セラミックケースで600m防水を実現したのは世界初。ムーブメントには1万5000ガウスの耐磁性能を備える「マスター コーアクシャル ムーブメント」を搭載する。自動巻き。ブラックセラミックケース。ケース径45.5mm。135万円。オメガお客様センター 問03-5952-4400

ZENITH

エル・プリメロ クロノマスター(左)

伝説のクロノグラフムーブメント、エル・プリメロの心臓部が見えるオープンデザインが特徴のクロノマスターから鮮やかなブルーダイヤルが登場。ダイヤルはサンレイ装飾が施された2色カウンターを備え、ファセットカットされたアワーインデックスがメリハリを利かせている。同色でシックにワントーンにまとめるのもいいが、インダイヤルで効果的な差し色を入れるのもゼニスの得意技だ。自動巻き。SSケース。ケース径42mm。99万9000円。LVMHウォッチ・ジュエリー ジャパン ゼニス 問03-5524-6420

OFFICINE PANERAI

ラジオミール 1940 スリーデイズ GMT オートマティック アッチャイオ 45mm(右)

完全自社製造された新型自動巻きキャリバーを搭載した話題作。マイクロローターにツインバレルで3日間のパワーリザーブを持つP.4000に、GMT機能とパワーリザーブ表示を追加したP.4001ムーブメントを搭載。ブラックダイヤルにストライプの装飾が施され、文字盤の表示をシンプルかつ効果的に表現。ケースバックには、マイクロローターの横にさりげなく3日間のパワーリザーブ表示を備える。自動巻き。SSケース。ケース径45mm。132万8400円。オフィチーネ パネライ 問0120-18-7110

CUERVO Y SOBRINOS

プロミネンテ ソロテンポ デイト(上)

アメリカとの国交が正常化され、にわかに注目を浴びるキューバ。そこで誕生した時計ブランドがクエルボ・イ・ソブリノスだ。プロミネンテシリーズは、腕の湾曲に沿って緩やかに弧を描くケースに、アールデコ調のアラビア数字インデックスが特徴。これまでノスタルジックなカラーリングが多かったが、モダンなピュアホワイトダイヤルが登場した。6時位置にはカラーを統一した半円状のカレンダー表示を備える。自動巻き。SSケース。ケースサイズ52×31mm。46万4400円。 ムラキ 問03-3273-0321

BELL & ROSS

BR 01 バーニング スカル(下)

米軍空挺師団のお守りのような時計として生まれたスカルウォッチの第5弾。マイクロブラスト加工を施したステンレススティールに、タトゥー模様を1本1本手作業で墨入れをしたアート的なモデル。表面はもちろん、ケースサイド、裏面まで丁寧に施されている。立体的に仕上げたスカルは、下地に夜光塗料をコーティングすることで、暗闇で不気味にその姿が浮かび上がる演出にもなっている。世界限定500本。自動巻き。SSケース。サイズ46mm。103万6800円(予価)。 オールブルー 問03-5977-7759

ジャケット5万1840円、パンツ5万5080円/ともにヤコブ コーエン(ヤコブ コーエン 東京ミッドタウン店Tel.03-3405-0852)、シャツ5万1840円/ボリオリ(ボリオリ 東京店Tel.03-6256-0297)

ORIS

アーティックス スケルトン

時計の心臓部をさらけ出すことで、メカニカルの美しさをより際立たせるスケルトンウォッチ。大胆に肉抜きされたムーブメントは、パーツにブラックやグレーのメッキ加工を施し、表情豊かな立体感を演出している。スケルトンウォッチは審美性と強度設計が常に課題となるが、うまく折り合いをつけた1本といえるだろう。新作は日本人にもフィットしやすい39mmサイズでよりモダンに仕上がった。自動巻き。SSケース。ケース径39mm。38万2320円。 ユーロパッション 問03-5295-0411

Photographs_YOSHIAKI TSUTSUI(model). NOBORU KURIMURA(still).
Styling_YOICHI ONISHI. KATSUYA KUBOKAWA(props).
Hair&Make_TOYO.

2016年9月「HORLOGERIE]本誌より引用(転載)

関連記事

  1. クリーンな海を存続させるための 社会貢献モデル3選

  2. 身に着けるだけでハッピーになる “レインボー”ウォッチ3選

  3. Jungle Paradise in Iriomote 魅惑の離島リゾート

  4. マスキュリンな新世代タンク待望の機械式クロノグラフ

  5. HG TOPICS Vol.21

  6. 舞台は海へ。ミッションウォッチの 新たな挑戦

  7. Flower World Vol.6

  8. 複雑時計の最後のフロンティア 〈 リピーター&ソヌリ 〉 機械式時計の“音”の世界(1)

人気記事

最近の記事

PAGE TOP