注目の記事 PICK UP!

OFFICINE PANERAI 一般発売20周年のアーカイブ展で、サプライズ新作!

1936年に試作モデルが誕生してから80年後の今、世界中で人気のパネライ。だが、1990年代年代の半ばまで、パネライは時計コレクターだけが知っている伝説に彩られた「幻の腕時計」だった。それはパネライが世界初の作戦用ダイバーズウォッチであり軍事機密だったからだ。

その存在が広く知られるようになったのは、今から20年前の1996年。リシュモングループ傘下となって一般販売が始まり、1997年1月のS.I.H.H.(通称ジュネーブサロン)に出展して以来である。

この20周年を記念して、今年創業の地イタリアのフィレンツェで特別展「パネライ -DIVE INTO TIME」が開催された。会場はフィレンツェ中心部のマリノ・マリーニ美術館。

話題は軍事機密時代の製品や機器を含むアーカイブに加えて、12本の新作ウォッチが発表、展示されたこと。中でも注目は自動巻きキャリバーP.9010を搭載した「ルミノール マリーナ」6本と、ルミノールのDNAを完璧に継承しながらケース厚10mm程度という薄さを実現した「ルミノール ドゥエ」の4本。また初のミニッツリピーターモデルも登場した。パネリスティーでなくても、これは絶対に見逃せない。

ルミノール ドゥエ スリーデイズ アッチャイオ-42mm Ref.PAM676

文字盤はお馴染みの2層からなるサンドウィッチ構造になっており、サンレイフィニッシュの装飾が上品かつ知的な印象を演出する。ケース厚10.5mmとルミノール史上最も薄い新型ケースにキャリバーP.1000を搭載した手巻きモデル。SSケース。ケース径42mm。他にP.4000を搭載するケース径45mmの自動巻きモデルもある。

TAG HEUER モータースポーツウォッチの雄が刻む新たなF1の歴史

1933年にラリー用ダッシュボードクロックを開発して以来、常にモータースポーツ界と親密な関係を築いてきたタグ・ホイヤー。特にモータースポーツの最高峰F1(フォーミュラーワン世界選手権)では、故アイルトン・セナを筆頭に数々のドライバーやチームのスポンサーとして、また公式計時担当として輝かしい実績を上げ、モータースポーツの歴史に偉大な足跡を残している。

そして今年2016年シーズン、タグ・ホイヤーはF1で新たな挑戦に乗り出した。2010年から2013年まで4年連続でコンストラクターズ部門とドライバー部門のダブルタイトルを獲得したレッドブル・レーシングと契約、オフィシャルタイムキーパー、オフィシャルウォッチ、チーム・パフォーマンス・パートナーとなったのだ。

5月15日のスペインGPでは、新ドライバーのマックス・フェルスタッペンが18歳277日というF1史上最年少優勝を達成。新たな伝説が始まった。

タグ・ホイヤー フォーミュラ1 クロノグラフ レッドブル エディション

レッドブル・レーシングとの契約を記念した「フォーミュラ1」のクロノグラフ。6時位置には1/10秒単位の計測が可能なインダイヤルが備わっており、F1さながらのスピード感を味わうことができる。ベゼルにはタキメータースケールを装備。クォーツ。SSケース。ケース径42mm。

Text_YASUHITO SHIBUYA.

2016年6月「HORLOGERIE]本誌より引用(転載)

関連記事

  1. Flora HOMME Vol.13(2)

  2. PATEK PHILIPPE ノーチラス40周年モデル登場!

  3. ヴァシュロン・コンスタンタン 深遠なるアートピースの世界

  4. RALPH LAUREN モードに寄り添うウォッチメイキング

  5. 最薄ケースレース

  6. CARTIER メンズウォッチの不朽の名作が 新技術の搭載でさらに快適に。

  7. Vacheron Constantin SINCE 1755

  8. バカンス巧者を印象付ける新たな選択肢。 本当に“ビーチ映え”するのは、 グリーンに染まった海色ウォッ…

人気記事

最近の記事

PAGE TOP