注目の記事 PICK UP!

de GRISOGONO ガルーシャストラップの大いなる先駆け

まもなく21世紀が訪れようとする2000年の11月、サザビーズでユニークなオークションが開催された。題して「オ・クーラン(潮流を読む)」。将来が有望視される新進ジュエラーやデザイナーをサザビーズが選抜した、特異なオークションだ。つまり、ここに出品された品々は、時を経ても価値を失わない「未来のヴィンテージ」として業界きっての目利きが選んだもの、ということになる。

登場したのは、当時ハイジュエリーコレクションをスタートしたばかりだったシャネル、イタリアの老舗カンタメッサ、数々のメガブランドにデザインを提供していた気鋭ロレンツ・バウマーやミケーレ・デラ・ヴァッレという、今となっては驚くばかりの華々しい顔ぶれ。選ばれた11のジュエラーやデザイナーの中に、1993年に創業したドゥ グリソゴノも含まれていた。

出品されたのはサザビーズお墨付きのジュエリーばかりである。将来を見込んだ投資家や趣味人がこぞってパドルを挙げ、セール会場は異様な雰囲気に包まれていたという。ドゥ グリソゴノの6点のジュエリーも、1点を除きすべてが落札された。特に人気が集まったのは、ブラックダイヤモンドのパヴェだった。

こうしてドゥ グリソゴノはジュエリー界に、ブラックダイヤモンドの熱狂的なブームを巻き起こすことになったのだ。ドゥ グリソゴノのレディスウォッチ「ピッコリーナ」のリュウズには、ブラックダイヤモンドがさりげなくひと粒。いかにもこのブランドらしい気の利いたあしらいだ。

また、ストラップの素材はガルーシャ(アカエイの皮)。つややかなキャビアを思わせる質感は、ブラックダイヤモンドのパヴェにも通じるものがある。実はこのブランドは、時計界にガルーシャスキンのブームを巻き起こしたことでも知られる存在なのだ。

ジュネーヴを本拠として活躍するドゥ グリソゴノは、今やジュエリーと時計の両面において、押しも押されぬインターナショナルブランドとして華麗に羽ばたいた。「オ・クーラン」の目利きの正しさを、身をもって証明したのである。

ピッコリーナ

時計ケースとブレスレット部分がきれいに一体化したデザインには、ジュエラーならではのこだわりが光る。クォーツ。ケースサイズ30.1×27.9mm。3気圧防水。18K WG、ダイヤモンド(計58石、1.37カラット)、ブラックダイヤモンド、ガルーシャストラップ。280万8000円 ムラキ 問03-3273-0321

精緻なギヨシェがほどこされたシルバーダイヤル。4と8のアラビア数字がアクセントとして効いている。

Text _KEIKO HOMMA.
Photographs_TAKESHI HOSHI.
Styling_KATSUYA KUBOKAWA.

2016年6月「HORLOGERIE]本誌より引用(転載)

関連記事

  1. マスキュリンな新世代タンク待望の機械式クロノグラフ

  2. Flower World Vol.8

  3. ステアリングを握る仕草もサマになる!? サマードライブの“相棒”に、 自動車メーカーとのコラボ時計を…

  4. Flora HOMME Vol.20

  5. ヴィンテージの風合いはここをCHECK!

  6. HG TOPICS Vol.17

  7. ドイツの伝統と革新が融合した 独創のミニッツリピーター

  8. AUDEMARS PIGUET 名門の伝統と技術が結晶した永久カレンダーウォッチの傑作

人気記事

最近の記事

PAGE TOP