注目の記事 PICK UP!

“マニュファクチュール”カルティエ その実力が結晶した本格ダイバーズ

20世紀初頭にイギリス王のエドワード7世が「王の宝石商、宝石商の王」と讃えた世界最高のジュエリーメゾン、カルティエは、今や世界最高峰のウォッチ・マニュファクチュールの座も手中にしつつある。

2000年以降、現代時計界で最も優れた時計技術者のひとりで、ラ・ショー・ド・フォンのカルティエ-カザピ女史の下、特に超複雑なオートオルロジュリーコレクションからムーブメント開発まで、どれも優れた完成度で時計のプロフェッショナルたちを驚愕させている。

中でもメゾン・カルティエの劇的な進化と大躍進を象徴するプロダクトとして最も注目されているのが、カルティエ初のメンズのためのコレクション「カリブル ドゥ カルティエ」。

特に2014年に追加されたメゾン初の本格ダイバーズ、この「カリブル ドゥ カルティエ ダイバー ウォッチ」だ。ローマ数字インデックス、ダイバーズでは異例のケース厚11mmの薄さが生む優雅なテイスト。

ダイバーズウォッチの国際規格ISO6425クリアの本格機能が美しく融合したケースと文字盤の中では、精度と信頼性、耐久性を追求して生まれた完全自社製のマニュファクチュールムーブメント「キャリバー1940-PS MC」が時を刻む。

ゴールドとリューズのブルーのスピネルが差し色になったこのコンビのブレスレットモデルは、オフィスでもリゾートでもエレガントに着けられる逸品だ。

CARTIER

Ref.CRW7100054

人気のメンズウォッチコレクション「カリブル ドゥ カルティエ」待望の本格ダイバーズモデルのコンビ、ブレスレットモデル。自動巻き。ケース径42mm。SS&PGのコンビケース。300m防水。問/カルティエ カスタマー サービスセンター 問0120-301-757

Photos by Hisashi Wadano Text by Yasuhito Shibuya Styling by Katsuya Kubokawa

2015年3月「HORLOGERIE]本誌より引用(転載)

関連記事

  1. GRAND SEIKO 純白のダイヤルと スプリングドライブが 秋の気分を軽やかにする

  2. Flora HOMME Vol.13(2)

  3. じわじわ来ている素材プラチナ&ブロンズ時計が狙い目の理由

  4. CHANEL 新素材のパイオニア セラミックへの矜持

  5. 変わらない、ということが時計を愛しいものにする

  6. BRAND PICK UP Vol.7

  7. The Watches with Graphic Art

  8. 鉄道事故の悲劇から始まる堅牢で正確な時を告げる時計作りへの挑戦

人気記事

最近の記事

PAGE TOP