注目の記事 PICK UP!

BASEL WORLD 2018 NEW WATCH FLASH REPORT【OMEGA】

OMEGA

今年のオメガはシーマスターの年となった。シーマスターが誕生して70周年、シーマスター ダイバー 300Mが25周年を迎えたのである。それにともなってシーマスター ダイバー 300Mがフルモデルチェンジ。新しい試みとして、ダイヤルにもポリッシュ加工のセラミック製を採用したこと。

シーマスター ダイバー 300M マスター クロノメーター

シーマスターのアイコンでもある波模様を復活させ、レーザーによってセラミックを波模様にエングレービングを施した。さらにベゼルもセラミック製を採用。そして、ムーブメントには15000ガウスの耐磁性と、高い精度と耐久性を誇る「マスター クロノメーター キャリバー 8800」を搭載した。外装ではセラミックで耐久性と美観を向上させ、中身は10年に1度のオーバーホールで済むムーブメントを搭載。まさにオメガの誇る技術を結集させた新コレクションとなった。

シーマスター 1948 マスター クロノメーター

またオメガは1940年代に英国軍に12万個以上の腕時計を納入していたが、シーマスター70周年を記念し、1948年当時のデザインを再現したモデルを発表。現代のスタイルに合わせ、ケース径を3mmアップさせたものの、ダイヤル外周のレイルウェイミニッツトラックやリーフ針など、デザインは往年の名機を再現した。そしてこちらにも高い耐磁性を誇るオメガ独自のマスター クロノメーター ムーブメントを搭載する。

スピードマスター ダーク サイド オブ ザ ムーン アポロ8号

年を追うごとにモダンになっていくスピードマスターからも注目の新作を1本。アポロ8号は1968年に人類として初めて月の裏側を見た。それは時間にしてわずか35分52秒のことだった。その快挙から50年を記念して、「スピードマスター ダーク サイド オブ ザ ムーン アポロ8号」が登場。このモデルで面白いことは、スペードマスターで初めてスケルトン加工を施し、ダイヤル側のムーブメントに地球から見える月の表面をレーザー加工で再現したこと。

さらにケースバックにはアポロ8号のクルーたちがみた月の裏側(ダークサイド)が再現されている。最新テクノロジーや忠実な復刻モデルに加えて、斬新なアイデアもあるところが、オメガの強みだ。

関連記事

  1. 暑い夏にボサノヴァを聴いて爽快に

  2. 瀬尾まなほさんの本

  3. Lucien–N–Luciano – Blind Behaviour

  4. 【安土忠久さんのへちかんだグラス】

  5. 在某局で放映中のドラマ、『昭和元禄落語心中』。

  6. 近年盛り上がりを見せている日本のジャズ、通称J-JAZZのムーブメント

  7. ラグビーワールドカップがちょっとしたブームに!

  8. -ラグビー文化-

人気記事

最近の記事

PAGE TOP