注目の記事 PICK UP!

de GRISOGONO 死を想い、人生を考えるラグジュアリーウォッチ

中世ヨーロッパでは疫病が蔓延し、死がとても身近な存在だった。そこで生まれた人生観が“メメント・モリ”という言葉。直訳すると「死を想え」という意味であり、誰にも平等に訪れる死に対して恐れるのではなく、むしろ逃れられない運命だからこそ、毎日を楽しもう。

そんな意味が込められている。これはヨーロッパにおける重要な考え方であり、スカルモチーフはポジティブな意味で使われることが多い。ジュネーブにて1993年に創業した新進気鋭のジュエラー「ドゥ グリソゴノ」の最新ウォッチ「クレイジー・スカル」にも、“メメント・モリ”の思想が投影されている。

プレシャルメタルによって作られた巨大なスカルには、宝石がびっしりとセッティングされ、しかも両目には2つのクオーツウォッチがはめ込まれている。下あごをずらすと口の中から舌が飛び出すというギミックは、ユーモラスでさえある。

このモデルを考案したのは、ドゥ グリソゴノの創業者兼クリエイティブ・ディレクターのファワズ・グルオジ。世界で初めてブラックダイヤモンドをラグジュアリーなジュエリーに使用したというジュエリー業界きっての異端児にとって、きらびやかに宝石をちりばめたスカルモチーフのデュアルタイムウォッチは、遊び心の象徴である。

5900万円以上という価格帯にも驚かされるが、人生を謳歌し、今を生きる人々であれば、その価値が分かるかもしれない。

「クレイジー・スカル S02 」。18KWG。クォーツ。/ドゥ グリソゴノ

「クレイジー・スカル S03 」。18KWG。クォーツ。/ドゥ グリソゴ


研究開発には1年を費やし、使う宝石は1000を超える。職人技を駆使しても、1点の時計を作るのに250時間を要する。

「クレイジー・スカル」のローンチパーティは、パリで盛大に開催。著名人やモデルなどを招待し、メディアを賑わせた。

ブラックダイヤモンドをあしらった「クレイジー・スカル S03」はブラックロジウムコーティングを施したホワイトゴールドの上に、ダイヤモンドやピンクサファイアをセットし、ストラップはガルーシャ。45カラットものの宝石が、頭から舌まで、鼻から歯の一本に至るまでぎっしり埋め込まれ、輝いている。

2014年11月「HORLOGERIE]本誌より引用(転載)

関連記事

  1. HG TOPICS Vol.18

  2. 新作なのにすでに風格のある時計 ヴィンテージ風の味だしウォッチが今、熱い!

  3. RALPH LAUREN モードに寄り添うウォッチメイキング

  4. ペアウォッチをさらに特別に!

  5. Flora HOMME Vol.19

  6. ONE INCH MEN Meet Big Watches

  7. ドイツの伝統と革新が融合した 独創のミニッツリピーター

  8. HG TOPICS Vol.17

人気記事

最近の記事

PAGE TOP