注目の記事 PICK UP!

丹波守吉道 – 簾刃(すだれば)と呼ばれる独特の華やかな波紋を持つ日本刀 –

これは「丹波守吉道」の銘を持つ日本刀。

近年、日本の伝統技術を取り入れた時計が増えてきています。「オルロジュリー」でも、日本刀の技術や世界感を取り入れたモデルを掲載いたしました。そこで今回は、日本刀の魅力をお伝えしたく、日本刀「丹波守吉道」をご紹介いたします。

丹波守吉道は美濃国志津三郎兼氏九代の孫と称していた美濃兼道の三男で、長兄は伊賀守金道、次兄が和泉守金道、弟は越中守正俊。父と共に文禄二年に京都に上がる。初代吉道は文禄四年に丹波守を受領、その後大阪にも分家した。彼ら兄弟四人が江戸時代を通じての繁栄を築き上げたは三品派の始祖であるが、京丹波守、伏見丹波守、大阪丹波守、大和守などの四系がある。

 

簾刃(すだれば)※と呼ばれる独特の華やかな波紋(はもん)は、砂流を元に丹波守吉道(京初代)が最初に考案したと言われている。初代銘は「帆掛丹波」とも呼ばれ「丹」の字が右下がりに傾き、帆に風をはらんだような鑽り運びが古優で、「守」と「吉」の字が接近しているのも特徴とされる。

※沸(にえ/肉眼で確認できる粒子の粗い部分)焼きが刃と平行に、点状あるいは線状に断続することにより、二筋、三筋と見える様子が簾を思わせるところから簾刃と呼ばれるようになる。

また、十六葉の菊紋は、京丹波二代の三品籐七郎が寛永16年に丹波守を受領したとき同時に許され、以後代々、菊紋を切るようになる。

 

「折れず、曲がらず、よく切れる」を追求したものが日本刀。

まず、日本刀を作るには「玉鋼 (たまはがね) 」という純度の高い鋼が必要不可欠だとういこと。
玉鋼は日本古来の「たたら製鉄」の技術でのみ製造できるもので、「たたら」※とは砂鉄と木炭とを交互に入れ3昼夜燃やし続ける操業で一度始めると途中で止めたり、やり直したりができない。全身の神経を集中させて炎や原料の状態を的確に判断し、対応し続ける精神力を保つことは過酷ではあるが、純度の高い鉄類を生産する日本古来の重要な製鉄法である。生産の中で特に優れた鋼(はがね)を「玉鋼(たまはがね)」といい、日本刀の原材料として欠くことのできないものである。
たたら製鉄において鉧(けら/砂鉄からつくられた粗鋼)押し法が発生したのは天文年間(1532 ~1554年)の播磨における「千種鋼(ちぐさはがね)」からとされているが、その製鋼法によって生み出された鋼から選別された、不純物の少ない白く輝く極上品のことを「白鋼(しらはがね)」と称していて、これが現代における玉鋼に相当する物だと考えられている。

炉に空気を送り込むのに使われる鞴(ふいご)のことを「たたら」と呼ばれていたためつけられた名称。

 

鍛錬、皮鉄(かわがね)造り、心鉄(しんがね)造りが生む、日本刀の強靱さとしなやかさ。

炭素の含有量を調整し不純物を除去するために、鍛錬を行う。鍛錬の方法は、充分積み沸かされた(小割の鋼を梃子皿に積み上げ約1300度まで熱する)素材を平たく打ち延ばし、さらに折り返して2枚に重ねる。この作業を約15回程度行うが、特にこの工程の前半を下鍛(したぎた)え、後半を上鍛(あげぎたえ)と言う。
鍛錬によって、皮鉄(軟らかい心鉄をくるむ、硬い鉄)が作られる。15回ほどの折り返し鍛錬の結果、自乗計算すると約33,000枚の層となる。日本刀が強靭である理由のひとつがここにある。

皮鉄造りに前後して、心鉄をつくる。日本刀は「折れず、曲がらず、よく切れる」という3つの条件を満たさなくてはならないが、切れるためと曲がらないためには鋼は硬くなければならないし、逆に、折れないためには鋼は軟らかくなくてはならない。この矛盾を解決したのが、炭素量が少なくて軟らかい心鉄を炭素量が高くて硬い皮鉄でくるむという方法。これにより日本刀の条件を揃えることが出来るようになった。

 

日本刀の最大の魅力である波紋。

刀剣鑑定の際、最も重要な判断基準とされ、刀の履歴書とも言われている波紋。800~900度に熱した刀身を水に沈めて急冷する焼き入れの時、鉄の粒子が変化を起こして生じる。このときに日本刀の特徴である独特の波紋と反りが生まれる。
何度も繰り返される焼き入れだが、その度に粘土と荒砥(あらと/きめの細かい砥石)、木炭の粉末を泥状にした「焼刃土」と呼ばれる泥を刀身に塗る。刃には薄く、そのほかは厚く塗る。土置きというが、置き方によって異なった波紋ができ、それは流派や刀匠により異なる。また、玉鋼を生み出す原料にも左右され、一口(ひとふり)として同じ文様の刀は存在しないのである。といわれる由縁である。

あらためて新刀※「丹波守吉道」を鑑賞してみよう。簾刃と呼ばれる独特の華やかな波紋をご確認いただけるだろうか。また、鍔、縁金、頭金や目貫といった拵えにも注目したい。合戦を画した細密な工芸。ここにも日本刀の素晴らしい魅力を感じていただきたい。

日本刀は江戸時代になる直前の慶長までにつくられたものを「古刀」、後のものを「新刀」と言う。さらに明治元年から廃刀令がでた明治9年までのもをを「新々刀」と言い、それ以降の日本刀は現代刀と呼ぶ。

 

日本刀は戦いの武器というものに収まらず、信仰の対象、権威の象徴ともなった。また武士の魂と言われるように精神性をも宿している。千年を越えて宝物のように大切に保存され、いまなお燦然と輝いている日本刀は、世界に類を見ない日本の文化財でもある。日本刀に美を感じることは、日本の神聖な精神を感じ取ることにもつながっていると言えるのではないだろうか。

 

関連記事

  1. 長く使える、使って欲しいと宣言する鞄。ディケイド

  2. 独創的な作品群で世界を魅了するヴェネチアングラスの名門が日本上陸

  3. ヴェネチアングラスのランプで上質な空間を演出

  4. 日常を潤すガラスの芸術がより身近に!

  5. ミキモト コスメティックスより誕生。輝かしい真珠の上質なツヤを演出する「PEARL PRECIOUS…

  6. 男たちがロマンを追い求めた サハラ砂漠の記憶を込めて – renoma –

  7. 蔵人の信念と歳月に育まれた長期貯蔵米焼酎

人気記事

最近の記事

PAGE TOP