注目の記事 PICK UP!

Cover Story 美貌の王妃を夢中にした時を告げるジュエリー

腕時計はメンズから始まったのではなく、実はレディスが最初だった。ブレスレットに小型の時計を組み込んだ、いわゆるジュエリーウォッチからスタートしたのだ。2世紀以上も前に女性用の美しい腕時計を仕立てたのは、ブレゲ創業者、アブラアン=ルイ・ブレゲ。

彼の熱心なパトロンヌの一人には、ナポリ王妃カロリーヌ・ミュラがいたカロリーヌは皇帝ナポレオン1世の妹としてボナパルト家に生まれ、フランス軍元帥ジョアシャン・ミュラに恋して結婚。皇族となったミュラは当時南イタリア全域に広がっていたナポリ王国を与えられ、1808年に即位し、カロリーヌも王妃として君臨した。

ありきたりのものでは満足しない王妃のためにブレゲが作ったのは、温度計を備えた極薄のリピーターで、そのオーバル形のケースは髪の毛と細い金線をより合わせたブレスレットに

組み込まれていた。王妃の手に渡ったのは1812年。歴史に残る最も初期型の腕時計といえるだろう。天才時計師ブレゲは知っていたのだ。最高級の機械式時計を腕に巻きつけ、いつも眺めて愉悦にひたりたいという女性の気持ちを。

今、クイーン・オブ・ネイプルズの名で知られているラグジュアリーなブレスレットウォッチは、ナポリ王妃カロリーヌの時計から想を得たもの。

王妃のオーダーを再現したオーバルのケースには自動巻ムーブメントが収められ、さらさらとしなやかなゴールドのストリングが腕に心地よくフィットする。上質を知る現代の女性たちなら、このモデルを手にすれば、王妃が最高の時計を求めた理由がわかるはずだ。

Breguet

クイーン・オブ・ネイプルズ 8908

2時位置にパワーリザーブとムーンフェイズを配した2012年のモデル。 ブレゲが王妃カロリーヌに時計を納めてから200年を祝うアニバーサリーを記念し、デザインされた。自動巻き。ケースサイズ28.45×36.50mm。18KWGケース。ダイヤモンド。ブラック・マザー・オブ・パール。問/ブレゲ 問03-6254-7171

Photo by Junai Nakagawa
Sentence by Keiko Homma

2014年9月「HORLOGERIE]本誌より引用(転載)

関連記事

  1. 複雑時計の最後のフロンティア 〈 リピーター&ソヌリ 〉 機械式時計の“音”の世界(2)

  2. de GRISOGONO トップジュエラーが生み出す、エキセントリックな風貌

  3. 今、技術で差がつくは、トゥールビヨンより “薄型”ケース

  4. F1のレーシングスピリットから生まれた本格スポーツウォッチ 

  5. Fantastic Times of the Dress Up Season

  6. じわじわ来ている素材プラチナ&ブロンズ時計が狙い目の理由

  7. ブランパンが初のポーセリンダイヤルを子年向けに制作

  8. “マニュファクチュール”カルティエ その実力が結晶した本格ダイバーズ

人気記事

最近の記事

PAGE TOP