注目の記事 PICK UP!

Cover Story 上昇志向で輝く女性を 満足させる理由

本格的なメカニカルウォッチを求める女性たちにとって、ジャガー・ルクルトのようなマニュファクチュールは貴重な存在だ。機能面でのクォリティ、美意識の面でのクォリティ、その両方を十分に満足させてくれるのだから。

ラグジュアリーなメカニカルウォッチには、必ず機能性の高さと、その時計が表象するものの意味が求められる。つまり正確な時を刻むだけでなく、時をはかるという機能を超えた上質感やクラス感、美しさ、満足度の高さが必要なのだ。

加えて女性には、手の込んだ工芸品のようなメカニカルウォッチを手にしてみたい気持ちもある。そして、洗練された趣味を持つ男性時計愛好家たちから認められ、喝采されたいという思いも。ありきたりの時計をつけたくない気持ちもまた、当然ある。

万が一、どこかで同じ時計をつけている女性と鉢合わせしてしまったら、その日の気分が台無しになるからだ。ジャガー・ルクルトのランデヴー・トゥールビヨンは、そんな「ちょっとレベルの高い」女性たちを刺激する知的な時計。

厳選されたダイヤモンドで飾られたケースに、優しい光沢できらめくマザー・オブ・パールダイヤル。ジュエリー感覚で彩られたリュクスなコンプリケーションとして仕上げられている。

もちろんパーティ用ドレスウォッチとして男性がつけたっていい。だがこれをひと目見た女性はきっと、こんなに美しく魅力的な時計を男性だけのものにしておきたくない、と思うに違いない。

JAEGER-LECOULTRE

ランデヴー・トゥールビヨン

ダイヤモンドを正面だけでなく側面にもセットしたデザイン。アールデコ風のインデックスはこのメゾン特有のスタイルを感じさせる。キャリッジの周囲を縁取る彫金の繊細さにも注目したい。自動巻き。ケース径39mm。PG。ダイヤモンド。マザー・オブ・パールダイヤル。問/ジャガー・ルクルト 問03-3288-6370

Photo by Hisashi Wadano
Sentence by Keiko Homma

2014年6月「HORLOGERIE]本誌より引用(転載)

 

関連記事

  1. 今、技術で差がつくは、トゥールビヨンより “薄型”ケース

  2. 複雑時計の最後のフロンティア 〈 リピーター&ソヌリ 〉 機械式時計の“音”の世界(2)

  3. Brand File Vol.11

  4. 創業者生誕200周年の節目に新工場が完成。 新たなステージに立った、A.ランゲ&ゾーネ

  5. COVER WATCH STORY 驚きの薄さと完成度の 新・永久カレンダーモデル

  6. Flora HOMME Vol.13(2)

  7. IWC クルマとの関係を強化する新“インヂュ二ア”登場!

  8. “機械の美”を極めたクロノグラフ

人気記事

最近の記事

PAGE TOP