注目の記事 PICK UP!

LEXUS LY650

2019年9月に、米フロリダ州でレクサスはフライブリッジクルーザー「LY650」のお披露目を行った。65フィート級という富裕層が好む余裕あるサイズで、かつ、スタイリングはとびきりスタイリッシュなのが特徴だ。

メタリックな2トーンカラーに塗られた船体は、流れるような曲面で構成されており、なにより美しく見えることを大事にしたという。65フィートあたりのヨットとしては、イタリアのアジムットやリーバをはじめ、競合も多いが、一頭地を抜いているイメージだ。

「初めての経験だし、そもそも専門メーカーではないので、いっそ大胆に、と思い切ってやりました」レクサス・インターナショナルの澤良宏プレジデントは、お披露目のあったフロリダのボカラトンで、開発の趣旨をそう語ってくれたのだった。

カーボンファイバーとグラスファイバーによる船体は、レクサスと米のMarquis Yachts社が共同で開発。内装はイタリアのヨットデザイン会社であるNuvolari Lenard社と手がけたという。

見どころは、さきにふれたデザインに加えて、「細部にいたるまでの質感の追究」と、澤プレジデントは言う。たとえば、パーツとパーツの合わせ目を極力細くするなど、レクサス車と同様のこだわりである。

「最新のテクノロジーと匠(たくみ)の技を融合し、あらゆる点に徹底的にこだわり抜く”CRAFTED”という思想を具現化した」とレクサス・インターナショナルが用意した広報資料に書かれているとおりなのだ。

LY650は2基のエンジンを搭載。ボルボペンタ「IPS」システムが選ばれた。バリエーションは3つだ。800馬力の「1050」、900馬力の「1200」、それに1000馬力の「1350」がカタログに載っている。

船底形状は流体解析技術を駆使したもので、高出力と低燃費の両立を目指したとレクサス・インターナショナルではする。

取材陣を乗せたLY650は、マイアミからボカラトンまで、海岸線に沿って内陸部に設けられた広い水路をゆっくりとクルーズして北上した。周囲にはヨットを係留した邸宅が並ぶ。

ヨットが身近にある、まことに羨ましい暮らしぶりである。日本も島国なのに、ヨットやマリンスポーツという点では、欧米に完全に負けている。せっかくLY650というすばらしい製品が生まれたのだから、日本でもヨットライフが充実したものになるといいのに、と思った。

LY650では、航走安定性と操縦性のために、加えて、ジョイスティックによる操舵、定点保持、オートフラップといった操船サポート機能が組み合わされている。

LY650の取材日にフライブリッジのコクピットで、ラット(舵輪)を操作していた米国人ヘルムズマンに船の印象を尋ねると、「先進的な制御により、安定性が高く、パワフルでありながら、操船しやすい」とのことだった。

価格は4億5000万円からという。ヨットはオーナーの好みが色濃く反映されるので(それが楽しい)、この価格も目安といえる。メインサロンやオーナーズルームなど、快適でかつ美的な空間づくりは、持ち主の審美観の見せどころなのだ。

画像↑フロリダでジャーナリストを乗せてクルージングに出発するLY650

フライブリッジを備えた堂々たる姿

ヘルムステーションはまさにレクサス車の様

白で統一され天井には天窓も設けられたオーナーズルーム

ボカラトンのホテルにはレクサスLCがずらりと並べられた

小川フミオ / ライフスタイルジャーナリスト

慶應義塾大学文学部出身。自動車誌やグルメ誌の編集長を経て、フリーランスとして活躍中。活動範囲はウェブと雑誌。手がけるのはクルマ、グルメ、デザイン、インタビューなど。読者の方がたの興味に合致しそうな”いいクルマ”の世界を紹介していきたい。

関連記事

  1. ベントレー・ミュルザンヌ・スピード

  2. ロールスロイス製のSUVで米国セレブの憧れの土地を走った

  3. マクラーレン720Sスパイダーを米国で乗る

  4. 3列シートのBMW X7はスポーティだ

  5. 旅するスーパースポーツ McLaren GT

  6. レクサスRC F

  7. レクサスUXは、コンパクトサイズのクロスオーバーで、走りもよい

  8. アウディA6試乗記

人気記事

最近の記事

PAGE TOP