注目の記事 PICK UP!

【パルミジャーニ・フルリエ】トンダ 1950 ダブルレインボー フライングトゥールビヨン

トゥールビヨンが浮かぶダイヤモンドの雨の中から、二重の虹がきらめき、アベンチュリンの夜空へと続く、『トンダ 1950 ダブルレインボーフライングトゥールビヨン』。2019年に誕生した『トンダ 1950 レインボー』のオートオルロジュリで、鮮やかなカラーグラデーションの層が際立ち、超薄型ムーブメントPF517が駆動します。

パルミジャーニ・フルリエに備わる、ウォッチメイキングの専門性と宝飾技術の双方を表すモデルです。

レインボーを生みだす宝石職人の技

『トンダ 1950 ダブルレインボートゥールビヨン』には、ホワイトダイヤモンドをセットしたダイヤルに、カラーストーンのグラデーションが囲む月形のアベンチュリンが輝きます。このグラデーションの色の並びは、ベゼルにセットされたカラーストーンの鏡像です。

実は、単一の虹はありません。水滴に当たる光の二次反射によって引き起こされる、色が逆さになったふたつめの虹が、ときどき見分けられます。この自然現象を表現するために、職人が慎重にカラーストーンを選び、細心の注意を払い留めていきます。

ローズゴールドケースとエルメス社製レッドレザーストラップ、またはローズゴールドブレスレットは、トゥールビヨンの周りに描かれた壮大な色彩を引き立てます。

超薄型ムーブメント

プラチナ製マイクロローターとフライングトゥールビヨンで構成される超薄型ムーブメント PF517は、可能な限りスリムに保つ方法を徹底的に研究した結果、ムーブメントのメインプレートにキャリバーを組み込む方法で開発されました。

7時位置の謎

トゥールビヨンが7時位置にあるのは、1950年12月2日7時08分に生まれた創業者ミシェル・パルミジャーニの生まれた時間を指しているからです。『トンダ 1950』は、クォーツショックのさなか、最高級の機械式時計を製作し続けることへ確固たる信念を貫いた、ミシェル・パルミジャーニへ敬意を表する名前なのです。

修復の仕事から得るインスピレーション

1976 年、ミシェル・パルミジャーニは修復工房を開き、いくつもの昔の傑作時計を研究してきました。その20年後にパルミジャーニ・フルリエが誕生し、修復部門が設立され、今でもあらゆる時計の修復に取り組んでいます。また、メゾンのすべての作品のインスピレーションの源としても機能します。

超薄型ムーブメントの開発は、パルミジャーニ・フルリエの専門分野のひとつです。修復アトリエは、皇帝ニコラス一世から委託されたエナメルゴールドの懐中時計の修復に取り組みました。

この非常に珍しい時計は、1840 年頃ラ・ショー・ド・フォンのロバート・ブラント(Robert Brandt & Cie)によってつくられた作品で、駆動するムーブメントは「バニョレ」と呼ばれ、通常プレート側にあるダイヤルを輪列が並ぶ上に配置する、薄くするための
パルミジャーニ・フルリエ 03-5413-5745

「反転」キャリバーで、歯車を反対方向に回転させることで通常通り時間を読むことができる仕組みです。このように、修復アトリエに持ち込まれる過去の傑作から、パルミジャーニ・フルリエは多くの技術やアイデアを吸収し、独自のデザインを加えて現代に蘇らせています。

トンダ 1950 ダブルレインボー フライングトゥールビヨン

リファレンス PFH279-1064600-HA2121
ジャンルレディース
本体価格 22,500,000円

ケース

サイズ直径 40.2 mm
厚さ 9.43 mm
リューズ直径 4.3 mm
ガラス反射防止加工のサファイアクリスタル
ケースバックサファイアクリスタル、シリアルナンバーの刻印
石計40石2.59ctのバゲットカットの貴石と半貴石6x ブルーサファイア/6xアメシスト/5xピンクサファイア/4xルビー/6xオレンジサファイア/6xイエローサファイア/7xツァボライト

ダイヤル

カラーブルー
素材ホワイトゴールド、アベンチュリン
インデックス 18Kローズゴールド
ホワイトゴールド、アベンチュリン
仕上げ 572石1.402ctのダイヤモンド、31石0.31ctの貴石と半貴石4xルビー/3xオレンジサファイア/5xイエローサファイア/5xツァボライト/5xブルーサファイア/4xアメシスト/5xピンクサファイア

槍型スケルトン

ストラップ

エルメス社製レッドアリゲーターストラップ、18Kローズゴールドアルディヨンバックル/ 18Kローズゴールドブレスレット

防水性

30m

キャリバー

【機能】時、分、秒、60秒トゥールビヨン
【パワーリザーブ】 48時間
【振動数】3Hz – 21’600振動/時
【石数】29石
【部品数】207
【サイズ】直径32mm、厚さ3.4mm
【装飾】コート・ド・ジュネーブ、面取りされたブリッジ
【ローター】プラチナ製マイクロローター、バーリーコーンのギョーシェ

パルミジャーニ・フルリエ

時計師であり修復師である創業者ミシェル・パルミジャーニの名を冠した時計メゾンは、1996 年にスイス、ヴァル・ド・トラヴェールのフルリエに誕生しました。

時計製造のすべてに関わる会社が垂直統合されて以降、製造工程の隅々までが自社でコントロールされ、またグループに属さない独立性を大切にし、自由な創造を可能にしています。パルミジャーニ・フルリエの個性は、20余年にわたって製品から製品へと受け継がれ、遥かな未来においても修復するに値するタイムピースであることを理念としています。

それは、ミシェル・パルミジャーニの人生、彼を支える有能な人々、そしてなにより、過去の作品から大胆に未来をつくり上げるマニュファクチュールとしての試みがひとつになった成果です。

ウェブサイト: https://www.parmigiani.com/jp/

関連記事

  1. The Watches with Graphic Art

  2. PATEK PHILIPPE ブランドが誇るワールドタイム機構に、クロノグラフを載せた高度な合わせ技…

  3. HG TOPICS Vol.21

  4. IWC クルマとの関係を強化する新“インヂュ二ア”登場!

  5. Flora HOMME Vol.22

  6. 名門の歴史と伝統を凝縮した永久カレンダーウォッチの名作

  7. Flower World Vol.8

  8. A.Lange & Söhne ACADENY 素材選びから仕上げまで独自の哲学を頑固に貫…

人気記事

最近の記事

PAGE TOP