注目の記事 PICK UP!

エレガントなローマンインデックスとブラックマザーオブパールを組み合わせたクロノマット JSPが登場


ブライトリングのフラッグシップ、クロノマットの魅力を凝縮した渾身のジャパン・スペシャル・エディション、クロノマット JSP。本作は、ブラックのマザーオブパール文字盤にサブダイヤルをブラックに仕上げ、さらにローマンインデックスを配し一層特別感が際立つ日本だけのスペシャルモデル。

ブライトリング哲学を完璧に体現したフラッグシップ・クロノグラフ

1983年にイタリア空軍エアロバティックチームフレッチェ・トリコローリの公式クロノグラフとして誕生。翌年のバーゼルフェアで発表され多くの時計愛好家を魅了したクロノマットは、今日に至るまで自動巻クロノグラフの代名詞としての地位を確立しています。

ブライトリング哲学を完璧に体現したクロノマットは、パワフルで独自性にあふれるデザインとプロフェッショナルのための計器としてのすべてのパフォーマンスを合わせ持っています。

精度、耐久性、視認性、機能性、驚異的な防水性能、そして、最高の耐久性と信頼性を実現した、ブライトリング自社開発製造キャリバーを搭載。重厚で気品あるケースのライン、エクスクルーシブな数字を刻んだ逆回転防止型ベゼルなど、パワーとエレガンスを融合した迫力に満ちたその存在感は、独自性にあふれるデザインを愛する人々を魅了します。

CHRONOMAT JSP ROMAN INDEX BLACK MOTHER OF PEARL LIMITED


クロノマットのリミテッドエディションのなかでも常に高い人気を誇るマザーオブパール文字盤。本作は、ブラックのマザーオブパール文字盤にサブダイヤルをブラックに仕上げ、さらにローマンインデックスを配し一層特別感が際立ちます。

初代クロノマット誕生時に創案され、2004年に登場した”エボリューション”まで続いたライダータブ付きのサテン仕上げベゼルを採用。両サイドに蓄光塗料を配したこのモデル独自のインデックスにより、昼夜を問わず最高の視認性を実現しています。

搭載する自社開発製造キャリバーをサファイアクリスタルケースバックから鑑賞することが出来ます。

日本限定500本
税別価格¥1,080,000/発売中

クロノマット JSP ローマン インデックス ブラック マザー オブ パール リミテッド

リファレンス:AB01153A1B1A1

ムーブメント

キャリバー:ブライトリング自社開発製造キャリバー
直径:30㎜
厚さ:7.2mm
ワインダー:両方向巻き上げ式の自動巻き機構
パワーリザーブ:約70時間
振動数:28,800回 時、ヘルツ
クロノグラフ:コラムホイール式、垂直クラッチ、30分積計、12時間積算計
ディスプレイ:時間、分、秒、日付
認定:COSC公認クロノメーター

ケース

素材:ステンレススチール
直径:44mm
厚さ:16.95mm
防水性:500m
ガラス:ドーム型両面無反射コーティング済みサファイアクリスタル
ケースバック:ねじ込み式ステンレススチール、サファイアクリスタルガラス
リューズ:ねじ込みロック式、2ガスケット
ベゼル:ラチェット式逆回転防止型ベゼル

ダイヤル/針

スーパールミノバ®蓄光塗料を塗布した時針と分針

ストラップ

パイロット・ブレスレット

ブライトリングについて

1884年以降、ブライトリングは高精度のタイムピース、腕時計クロノグラフの開発をリードする役割、その卓越したデザインへの妥協のない姿勢において、世界的に高い評価を得たブランドとしての地位を確立してきました。

航空界との密接な関係を古くから保ちながら、ブライトリングは人類が大空を自在に行き交うようになるその中で、素晴らしい時間を分かち合ってきました。革新の精神で知られるブライトリングはまた、科学、スポーツ、テクノロジー等の分野においても特別な地位を獲得しています。

ムーブメントは自社製造。そして、どの時計においても「スイス製、認定クロノメーター」というステータスを通じて、その品質が保証されています。搭載する自社開発製造キャリバーをサファイアクリスタルケースバックから鑑賞することが出来ます。

ウェブサイト:www.breitling.com

関連記事

  1. ジメジメした季節に気になる “梅雨”ダイバーズ3選。

  2. Jungle Paradise in Iriomote 魅惑の離島リゾート

  3. Flora HOMME Vol.15

  4. カレンダー機構のメカニズム

  5. Flora HOMME Vol.13(2)

  6. FLOWERBOX Vol.4

  7. Horlogerie Interview A.LANGE&SÖHNE PR Directo…

  8. 閏年の東京五輪までに手に入れたい 暦のひずみに挑む カレンダーウォッチこそ 機械式の王道だ!

人気記事

最近の記事

PAGE TOP