注目の記事 PICK UP!

トリック フルール ジャポニズムを表現する新しいデザイン

花が咲き、散るまでの美しさを鑑賞し愛でる、そしてそこに生き方を感じる「Hanami」という日本特有の文化に、ミシェル・パルミジャーニは共感を覚え、自宅の庭にも取り入れています。パルミジャーニ・フルリエならではのジャポニズムを表現する『トリックフルール』は、ローズゴールドのケースに収められたダイヤルに、マーガレットの繊細なレースが敷かれています。スイス・ジュラの牧草地に見られる花の、春風のように穏やかで優雅な姿に、創業以来のテーマである自然と黄金比を見出しました。

春の海 The spring sea
ひねもすのたり Swaying gently
のたりかな All day long.

ミシェル・パルミジャーニは、与謝蕪村の俳句にふれ、侘び寂び、四季のセンチメントや、奥ゆかしい日本文化の世界観をダイヤルに表現できないかと考えました。『トリックフルール』には、うららかな春の一日の陶酔や、過ぎた時間の記憶の情感が投影されています。

2020年から新しく加わった33.7mmサイズのローズゴールドケースに、トリックコレクションのデザインである精巧なモルタージュ装飾のベゼルが取り付けられています。

ホワイトマザー・オブ・パールのダイヤルには、アラビア数字のインデックスと、春のスイスの谷に咲くマーガレットのカーペットを連想させる、繊細なゴールドレースが浮かびます。

リーフ形の時分針と6時位置のスモールセコンドを駆動するのは、自社製自動巻きキャリバー PF310。コート・ド・ジュネーブの装飾で仕上げたブリッジは扇子のような形をしており、 22Kゴールドのローターには、バーリーコーンのモチーフが彫られています。

リューズはカボションカットのホワイトオパール、ストラップはエルメス社製のオーカムカラーのカーフ。『トリックフルール』は、高品質の素材、オートオルロジュリの技術、ポエトリーを組み入れながら、シンプリシティの芸術を体現します。

ミシェル・パルミジャーニの父親が、息子に繰り返し言い聞かせていた言葉があります。「見ることを学んだ者が、芸術を手にする」この言葉はミシェルの心に響き、人生のあらゆる場面で彼を導きます。

ミシェルは子供の頃から、なぜ自然がこんなにも美しく完璧なのかを理解しようとし、それを表現しようとした人間がつくる作品に興味を持っていました。

この情熱が、ミシェルを修復の仕事に導き、時計のマスターピースをつくり、やがて日本の心を映し出す時計を生み出すことに導いたのです。

彼を魅了した完成された美を生む黄金比は、時計のデッサンからムーブメントを構成する小さな部品にまで貫かれています。そしてそれは、マーガレットもしかり、私たちを取り巻くすべてのものに現れます。

トリック フルール

リファレンス:PFC803-1500020-HC6181
ジャンル:レディース
本体価格:2,520,000円
限定50本

ケース

【サイズ】:直径 33.7 mm [厚さ]9.0 mm
【リューズ】:直径 5.5 mm、カボションホワイトオパール
【ガラス】:反射防止加工のサファイアクリスタル
【ケースバック】:反射防止加工のサファイアクリスタル/シリアルナンバーの刻印、EDITION LIMITEE X/50

ダイヤル

【カラー】:ホワイト
【素材】:マザー・オブ・パール/18Kローズゴールド(フラワーレース)
【仕上げ】:ポリッシュ仕上げ
【インデックス】:18Kローズゴールド

夜光塗料つきリーフ型

キャリバー

PF310 自動巻きムーブメント
【機能】:時、分、スモールセコンド
【パワーリザーブ】:50時間
【振動数】:4Hz – 28ʼ800振動/時
【石数】:28石
【部品数】:189
【サイズ】:直径 23.9 mm、[厚さ]3.9 mm
【装飾】:コート・ド・ジュネーブ
【ローター】:22Kゴールド/バーリーコーンのギョーシェ

ストラップ

【ブランド】:エルメス
【カラーと素材】:オーカムカラーのカーフ
【バックル】:18Kローズゴールドアルディヨンバックル

防水性

30m

ウェブサイト:https://www.parmigiani.com/jp/

関連記事

  1. HG TOPICS Vol.19

  2. WATCH SCENE in HOTEL ~華麗なるホテルライフ~

  3. ブランパンが初のポーセリンダイヤルを子年向けに制作

  4. CARTIER 100周年のアニバーサリーを祝う、新生タンク ウォッチ

  5. “オールブラック”誕生10周年を祝福する 贅沢なサファイアケース

  6. Flora HOMME Vol.24

  7. 大胆素敵なゴールドミリタリー

  8. HG TOPICS Vol.23

人気記事

最近の記事

PAGE TOP