注目の記事 PICK UP!

男たちがロマンを追い求めた サハラ砂漠の記憶を込めて – renoma –


かつて“世界一過酷なモータースポーツ”といわれたダカール・ラリー。1978年に開かれた第1回レースを前に、創始者のティエリー・サビーヌは、フランス人らしい磊落さでこんな言葉を遺している。「扉を開くのは君だ。望むなら連れていこう」。灼熱のサハラ砂漠を縦断するのだから、危険なのは言うまでもない。それでも多くの者が、サビーヌの用意した扉を躊躇なく開いた。この事実にモータースポーツの本質を垣間見ることができる。人生を賭して追い求める、ロマンと憧れである。

そのロマンに共鳴したのがレノマだった。創業者のモーリス・レノマは、今でこそ当たり前になったデニム&ジャケットの着こなしをいち早く提案するなど、服飾界の常識を次々に打ち破ってきた人物。すでに世界を席巻していたレノマにとって、サビーヌの新たな挑戦は心に響くものだったに違いない。’80年代、レノマは参加チームへのスポンサードを通して、ダカール・ラリーに深く関わっていくことになる。その際に有名になったのが、レノマがチームのために提供したマルチポケットのブルゾンだ。

細かく区切られたポケットに、マップ、カメラ、ペンなど砂漠地帯での活動に必要なものを小分けして収納できる。この型破りなブルゾンもまた、レノマらしい大胆な発想から生まれたものといえよう。そして今年の春夏。男たちがロマンを追いかけたサハラ砂漠をテーマに、レノマの新作ショルダーバッグがリリースされた。一見してわかるように、デザインのモチーフとなったのはマルチポケットジャケットだ。またカラーリングについては、同様にレノマのアーカイブであるフィッシュネットバッグをモチーフにしたという。

使用した素材は、鹿革と同じ組織を人工的に作ったウルトラスエード。ほどよいハリとしなやかさを備え、タフで滑らかな風合いは鹿革そのものだ。このマルチポケットバッグを相棒に、男たちがサハラに追い求めたロマンに想像を巡らすのも楽しい。

ウルトラスエードのショルダーバッグ
マルチポケットのショルダーバッグは、収納力抜群のある大きめサイズと、身のまわりのものだけを入れられる小ぶりサイズの2タイプ。(大)7万9000円、(小)3万9000円。


サハラ砂漠の乾いた風を想像させる、しなやかで味わい深いウルトラスエード素材。牛革とのコンビネーションも絶妙だ。デザインのモチーフとなったマルチポケットジャケットは、アンディ・ウォーホルが中国旅行の際に愛用したことでも知られている。

問untlim 03-5466-1662

Text:Kunihiko Nonaka

2018年3月「HORLOGERIE]本誌より引用(転載)

関連記事

  1. ミキモト コスメティックスより誕生。輝かしい真珠の上質なツヤを演出する「PEARL PRECIOUS…

  2. 蔵人の信念と歳月に育まれた長期貯蔵米焼酎

  3. 日常を潤すガラスの芸術がより身近に!

  4. ヴェネチアングラスのランプで上質な空間を演出

  5. 独創的な作品群で世界を魅了するヴェネチアングラスの名門が日本上陸

  6. アンディ・ウォーホルも愛したマルチポケットブルゾン – renoma –

  7. 長く使える、使って欲しいと宣言する鞄。ディケイド

人気記事

最近の記事

人気記事

PAGE TOP